フィノッキオ(フェンネル)

フィノッキオ(フェンネル)

フィノッキオとは?

玉ねぎのような見た目のこのフィノッキオ(finocchio)、日本では英語名のフェンネルという名でも呼ばれる地中海沿岸が原産のセリ科の野菜。イタリアでは古くから利用されていた野菜の一つで、なんと古代ローマ人も食していた記録があるそうだ。

旬は冬だがスーパーでは一年中見かけるイタリアではお馴染みの食材。消化促進や利尿作用のある野菜として知られ、ハーブティーとしても飲用される。セロリやアニスのような爽やかな香りが特徴でほんのりと甘味がある。また種の部分(フェンネルシード)はスパイスとして利用される。

生でスライスしてサラダにすることも出来るし、また加熱しても美味しい。

フェンネルシード

 

フィノッキオの食べ方

野菜として食べるのは茎の下部の玉ねぎのように膨らんだ部分(鱗茎部)。

鱗茎部 から伸びる緑の茎の部分と、中心の芯の部分を切り落とした後いろいろな料理に使える。切り落とした茎や芯の部分はブイヨンの材料にしたり、煮てからミキサーにかけてポタージュスープにしたり、と利用できる。

葉の部分も食べれるのでサラダの飾りにもしても綺麗。葉の部分はディルによく似ているため混同されがちだが別物。

また、和食にするなら縦に薄く切り、天ぷらにしても美味しい。その場合は芯の部分を切り落とさない方が層がバラバラにならなくて揚げやすい。

 

フィノッキオのレシピ

フィノッキオとオレンジのサラダ (レシピはこちら

フィノッキオ&オレンジはイタリアでは定番の組み合わせのサラダ。

クルミを加えて食感も楽しく。

フィノッキオのグラタン (レシピはこちら

フィノッキオとたっぷりのスカモルツァチーズを入れて焼いたグラタン。

簡単でボリュームもある、義母から教わった我が家の定番レシピ。

 

フィノッキオとそばの実のサラダ (レシピはこちら)

茹でたそばの実に炒めたフィノッキオを加えてターメリックでスパイシーに味付けした一品。フィノッキオとカレーって結構合いますよ。

フィノッキオの天ぷら

薄くスライスしたフィノッキオを天ぷらに。フィノッキオの和食へのアレンジも美味しい。

 

フェンネルシードを使ったレシピ

スリランカ風ココナッツカレー (レシピはこちら

フェンネルシードなど10種のスパイスを使った本格スリランカカレー。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください