スリランカ風ココナッツカレー

スリランカ風ココナッツカレー

カレーを作るときに “玉ねぎは飴色になるまで炒める”、“何時間も弱火で煮込む”、と信じ切っていた。

上記の2点は美味しいカレーの秘訣で間違いないとは思うけれどこのカレーはこの二つの要素が無い。

けれど今まで食べたどのカレーよりも美味しかったのだ。

 

これはミラノで今話題のスリランカ人のシェフWicky Priyanのマンマが作っていたというカレーのレシピ(でも彼は何と日本料理のシェフ)を参考にして作った一皿。

タイトルにスリランカ風としたのも彼への(彼のマンマ)へのオマージュから。

 

さて、私もカレーには詳しくないが彼のレシピから学んだことは

  • 鶏肉を先にスパイスでマリネしておく
  • 加える水は少ない

という2点。

今までは肉を炒めるときにスパイスを加えていたけれど先にマリネしておくことで短時間でも味の馴染んだ美味しいカレーとなる。

水の量については鶏肉のカレーの時に限るかもしれないが水分が少ない方が煮込む時間が短くなるのでむしろ鶏肉が柔らかいままとろりとしたカレーが出来る。そして鶏肉はやはり骨付きがよい。その方が旨味が増すからだ。

これは私も作ってみて なるほど、と思った事。

 

使ったスパイスはなるべく彼のレシピを忠実に再現したけれどオリジナルのレシピにはカルダモンがあった。

今回これが無い理由は単純、結構高かったから。。(笑)

 

カレーとひと口に言ってもそのバリエーションは無数にある。

でもこのカレーが今後我が家の定番となることは間違いないだろう。

 

ingredients (4人分)

  • 鶏もも肉(骨付き) 1㎏
  • 玉ねぎ 1個
  • ☆クミンシード 大さじ1
  • ☆フェンネルシード 大さじ1
  • ☆パプリカパウダー 大さじ1
  • ☆黒コショウ 小さじ1
  • ☆ターメリック 小さじ2
  • トマトピューレ 150㎖
  • ニンニク 2片
  • ショウガ 15g
  • クローブ 3個
  • シナモンスティック 1個
  • ローリエの葉 2枚
  • カルダモン(あれば)5個
  • ココナッツミルク 300㎖
  • 水 100㎖
  • サラダ油

 

how to cook

  1. 鶏肉はひと口大に切り☆印のスパイス、トマトピューレ、塩でマリネして1時間以上置いておく。玉ねぎはみじん切りにする。ニンニクは包丁で押しつぶす。ショウガはスライスする。
  2. 鍋にサラダ油を入れて、玉ねぎ、ショウガ、ニンニク、カルダモン、クローブ、シナモン、ローリエの葉を加えて5分ほど中火で炒める。
  3. マリネした鶏肉を加えてさらに5分ほど炒める。
  4. 水を加えて10-15分ほど煮る。
  5. ココナッツミルクを加えて更に10分ほど煮る。
  6. 塩で味を調えて出来上がり。