フィノッキオのヴェルタータ(ポタージュスープ)

フィノッキオのヴェルタータ(ポタージュスープ)

フィノッキオとは日本ではフェンネルウイキョウとも呼ばれるイタリア野菜。見た目は玉ねぎのようだけれどセロリやアニスのような爽やかな香りが美味しいんです。

ぱっと思いつく食べ方は生でサラダかもしれませんが、イタリアではこんなヴェルタータ(vellutata)にするのも定番。ヴェルタータとはイタリア語で野菜のポタージュスープのことで寒い季節にはこんな優しい味のヴェルタータが欲しくなります。

合わせて読みたい

フィノッキオ フェンネル

フィノッキオ(フェンネル)とは?

どうやって食べるの?

フィノッキオについて詳しくはフィノッキオの美味しい食べ方とレシピ集のページにあります。

イタリアでの大定番のサラダから、グラタンや酢漬けの保存食など いろんなレシピがありますよ!

さて このヴェルタータ、作り方は至って簡単で小さく切ったフィノッキオ(フェンネル)とジャガイモを野菜のブイヨンで煮てブレンダーにかけるだけ。

今回は野菜のブイヨンから作っていますが、もっと手軽にしたければ市販のブイヨンキューブと水と煮るだけでもOK。とはいえ、野菜の自然なうま味や甘味というのは簡易出汁では味わえないもの。野菜のブイヨンは下のレシピで説明するようにとっても簡単なので時間があればぜひ手作りしてみて下さいね。

Ingredients (4人分)

  • フィノッキオ(フェンネル) 2個
  • ジャガイモ 2個
  • ブイヨン 1ℓほど
  • (クルトン用)バゲットなどのパン 少々
  • EVオリーブオイル 少々
  • 塩 適量

ブイヨンスープ

  • 水 1.2ℓ
  • 人参 2本
  • 玉ねぎ(大) ½個 小さ目なら1個
  • フィノッキオの茎の切り落とした部分
  • セロリ 1本
  • その他 パセリの茎などの野菜くず
  • 塩 少々

How to cook

vellutata di finocchio フィノッキオ(フェンネル)のヴェルタータ(ポタージュスープ)
1) ブイヨンを作る。鍋に水、ブイヨンの材料の野菜を適当な大きさに切って塩小さじ1ほど加えて火にかける。沸騰したら火を弱め、フツフツとした火加減を保って20-25分ほど煮る。こうしてフィノッキオの茎や葉もブイヨンに使うとよりフィノッキオの香りを楽しめますよ。
vellutata di finocchio フィノッキオ(フェンネル)のヴェルタータ(ポタージュスープ)
2) 野菜を取り除く。ここで玉ねぎは残しといてOK。取り除いた野菜はメインディッシュの付け合わせにしたり、フォークでつぶしてソースにしたりと利用できます。
vellutata di finocchio フィノッキオ(フェンネル)のヴェルタータ(ポタージュスープ)
3) フィノッキオ(フェンネル)は1-2㎝ほどに切る。ここで小さ目に切るとフィノッキオの繊維が断ち切られるのでスープにした時に舌触りが良くなります。ジャガイモもひと口大に切ってフィノッキオをともにブイヨンに入れる。そのまま野菜が柔らかくなるまで15-20分ほど軽くアクを取りながら煮る。
vellutata di finocchio フィノッキオ(フェンネル)のヴェルタータ(ポタージュスープ)
4) フィノッキオとジャガイモが柔らかくなったら塩で味を調えてからブレンダーで滑らかなポタージュ状にする。※この後さらに濾すと繊維が取り除かれてより滑らかになります。でも面倒なのであまりしませんが。。。※好みで牛乳や生クリームを足しても美味しいです。
vellutata di finocchio フィノッキオ(フェンネル)のヴェルタータ(ポタージュスープ)
5) クルトンを作る(省略可)。パンを5㎜程度の角切りにしてオリーブオイルとともにフライパンでこんがりと炒る。スープにクルトンを散らせてオリーブオイルをひと回しかけたら出来上がり!