ラディッキオ

ラディッキオ

ラディッキオとは?その味と旬と種類

イタリア野菜として日本でも人気が出てきているラディッキオはイタリアのヴェネト州で多く生産されるキク科の野菜でチコリの一種。

旬は秋から冬にかけてだが、イタリアではいくつかの種類は一年中手に入るポピュラーな野菜の一つ。

ほのかな苦みとサクサクとした食感が特徴で、生でも加熱してもどちらでも美味しい。

ラディッキオと言えばロッソ(赤い)タイプのものが一般的だが中には緑や斑点模様のものもあり数多くの種類が存在します。

以下に挙げる4品種はその中でもイタリアでよく流通している品種で日本でもみかけるもの。

 

また、日本ではトレビスという名前でも呼ばれていますが、このトレビスはラディッキオのフランス語名。ただ少し名前の混同が見られるので正しい名前については以下で説明します。

 

 

 

1.キオッジャ(ロッソ・ディ・キオッジャ)

レタスのように結球するタイプ。通年流通している。他のラディッキオに比べると甘味がやや強く、苦みが少ない。また葉が薄く柔らかいのも特徴でサラダ等にして生で食べるのに向いている。もしくは軽くソテーしても美味しい。キオッジャとは生産地のキオッジャ(ヴェネト州)からついた名前。日本ではこのキオッジャのことがトレビスと呼ばれているが本来はトレビスとは以下2,3で述べるトレヴィーゾのこと。

 

2.トレヴィサーノ・プレコーチェ  (ロッソ・ディ・トレヴィーゾ・プレコーチェ)

その名の通り生産地はヴェネト州のトレヴィーゾ周辺。シンプルに、“プレコーチェ(早生という意味)”、もしくは “トレヴィサーノ(トレヴィーゾの、という意味)” とも呼ばれる。ちなみに日本でよく聞く “トレビス” という名前はトレヴィーゾのフランス語名。そう、本来はこれがトレビス。こちらも一年中流通しているが本来の旬は10月~11月。白菜のような長い形状で15~20㎝ほどの大きさのものが一般的。芯の部分は肉厚でサクサクとした食感がある。生でも加熱調理にもどちらにも向いている

 

3.トレヴィサーノ・タルディーヴォ (ロッソ・ディ・トレヴィーゾ・タルディーヴォ)

2のプレコーチェと同じくヴェネト州トレヴィーゾ県の特産品。タルディーヴォとは “晩生、晩生種” という意味。数多くあるラディッキオの中でも ラディッキオの王様 と称されるタイプ。そのほのかな苦み、ほんのりした甘味、サクサクした歯ごたえ、どれをとっても素晴らしい。かなりの手間をかけて生産されるため、価格も他のラディッキオより高くなる。12月~2月が旬。生でも加熱調理にもどちらにも向いている

 

4.カステルフランコ (ヴァリエガート・ディ・カステルフランコ)

17世紀に上記のトレヴィサーノとスカローラ(苦みのあるレタスのような野菜)の交配から生まれた品種。バラのような見た目が美しく、繊細な味と香りが特徴。苦みが少なく、レタスに近い味でラディッキオ特有のサクサクとした食感がある品種。軽くソテーするかサラダにして生で食べるのに向いている。カステルフランコとは生産地のカステルフランコ(ヴェネト州)からついた名前。

 




 

ラディッキオの食べ方

生でも加熱しても食べられる

生でサラダにする場合は小さく切ったラディッキオと薄くスライスした人参に、たっぷりのオリーブオイル、ワインビネガー、塩だけでシンプルに味付けしても美味しい。ラディッキオのように苦みのあるチコリの品種は人参の甘味とよく合います。

加熱する場合はトレヴィーゾ・プレコーチェやトレヴィーゾ・タルディーヴォなどの肉厚な葉の品種が向いている。

 

ラディッキオのレシピ

 

ラディッキオのサラダ

全ての種類のラディッキオで出来る一番お手軽な一品はやはりサラダ。人参とたっぷりのオリーブオイル、塩だけでシンプルに。もちろん他の野菜を加えてミックスサラダにしても美味しい。

ラディッキオのリゾット (レシピはこちら

ラディッキオ、ブリーチーズ、スペックの “黄金トリオ” のリゾット。絶対美味しい定番レシピ。

ラディッキオ・タルディーボのマリネ (レシピはこちら

タルディーヴォをスパイスと共にさっと茹でてマリネした一品。タルディーヴォのレシピと言えばまずはこれを試して欲しい。

ラディッキオ・タルディーボのローズマリー風味ソテー (レシピはこちら

タルディーボはやはりシンプルにいただくのが一番。簡単ソテーでもとっても美味しく仕上がるのはタルディーボならでは。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください