ラディッキオのグリル

ラディッキオのグリル

サクサクした食感と苦みが美味しいイタリア野菜、ラディッキオ

日本ではトレビスという名前で聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

ラディッキオはイタリアではとても一般的な野菜でどのスーパーでも一年中手に入るとてもポピュラーな野菜の一つ。

 

今日の一皿はラディッキオのイタリアでの定番の食べ方、ラディッキオ・グリリャート(radicchio grigliato)

グリリャートとは “グリルした、焼いたと” いう意味のイタリア語で名前の通りラディッキオをグリルパンで焼きつけて食べるんです。

このようにグリルして食べるのに向いているのはラディッキオ・プレコーチェラディッキオ・タルディーボと呼ばれる葉が肉厚で長いタイプ。

 

合わせて読みたい
ラディッキオ
ラディッキオってどんな種類があるの?

イタリアではどうやって食べるの?

ラディッキオ(トレビス)について詳しくはラディッキオのいろいろな種類とおいしい食べ方のページに詳しく書いています。

ラディッキオの定番料理であるリゾットなどのとっておきレシピもいっぱいありますよ!

 

作り方は本当に簡単で縦に4等分ほどに切ったラディッキオをグリルパンで焼くだけ。

ここへバルサミコ酢やオリーブオイルと塩をかけて食べるだけでとっても美味しいサイドディッシュの出来上がり。

ラディッキオと相性のいいローズマリーやローリエを焼いてる間にこすりつけて香りづけしたりしても美味しいんです。

 

ラディッキオと言えばサラダでしか食べるイメージしかないかもしれないけれど、

イタリアではこうやって食べたりもするんですよ。

 




 

ingredients (4人分)

  • ラディッキオ(プレコーチェやタルディーボがおすすめ)2個
  • バルサミコ酢 少々
  • オリーブオイル 少々
  • 塩 少々
  • その他好みでローズマリーやローリエ

 

how to cook

ラディッキオ トレビス radicchio
1)ラディッキオは縦に4等分(大きめなら6等分)に切る。熱したグリルパンで全体をこんがりと焼く。焼けたらバルサミコ酢、オリーブオイル、塩で和えて出来上がり!※ラディッキオは焼くと茶色く変色します。紫の美しい色を残したければほんの少しだけ中心部を生で残すといいですよ。