トピナンブール(菊芋)

トピナンブール(菊芋)

トピナンブール(菊芋)とは?

ショウガのような見た目のこの芋、イタリアではトピナンブール(topinambur)と呼ばれる北アメリカ原産のキク科ヒマワリ属の野菜。日本名は菊芋(キクイモ)。

イタリアでもそれほど知名度は高くないがメルカート、品揃えの豊富なスーパーなどでは旬になれば比較的簡単に手に入る。

 

大きくわけて2種類あり、夏の終わりに出回る早生(わせ)の白っぽい色のタイプ(ビアンカ・プレコーチェ)と、10月頃から春まで出回るボルドー色のタイプがある(上の写真はボルドー色タイプ)。どちらも皮を剥けば中身は白色で、イタリアで見るの後者のボルドー色のタイプが多い。

 

余分な糖分の吸収を抑える水溶性食物繊維のイヌリンを多く含み、その他にもカリウムやビタミンが豊富なため健康食品にも利用されている。また一般的なイモ類と異なり、デンプンをほとんど含まない。そのためジャガイモの半分ほどのカロリーしかないのも特徴。

 

生でも食べることができ、シャキシャキとした食感とアーティチョークのような香りが特徴。生で食べる料理で有名なものはピエモンテのバーニャ・カウダ(バーニャ・カウダについてはこちら)。また加熱すると少しほくほくとした食感となる。

 

このトピナンブール、原産は北アメリカなのだが一般的に栽培、食用されるようになったのはヨーロッパから。英語ではエルサレム・アーティチョーク(Jerusalem artichoke)と呼ばれるがエルサレムとは実は何の関係もない。この名前の由来はアメリカのイタリア移民がこのトピナンブールの事をジラソーレ(girasole/イタリア語でヒマワリと言う意味)・アーティチョークと呼んでいたのが英語のエルサレム(Jerualem)の発音と似ていたことからついた名前ではないかと言われている。

 




トピナンブールの調理方法

皮を剥いた後は基本的にジャガイモと同じような使い方が出来る(ただし、皮も汚れをよく洗い落とせば食べられます)。

また生で食べる場合は、黒く変色してくるので切った後にレモン水などにつけてからオリーブオイル、塩コショウでシンプルにマリネして食べても美味しい。

 

トピナンブールを使ったレシピ

サーモンとポテトとトピナンブールのグラタン

サーモンとトピナンブールって結構相性いいですよ。全てジャガイモで作るよりも軽い仕上がりとなるのでお腹ももたれず美味しい一品。

トピナンブールと粒マスタードのオーブン焼き

切ったトピナンブールを粒マスタードであえてオーブンで焼くだけのお手軽レシピ。簡単で失敗しらず、そしてワインにもピッタリな一品。

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください