トピナンブール (菊芋) のパスタ

トピナンブール (菊芋) のパスタ

菊芋と言えば日本でもお馴染みの野菜だけれど、イタリアでもトピナンブールという名前で知られている。

このトピナンブール、北イタリアのピエモンテでよく食されているのだけれど、そのピエモンテからインスピレーションを受けて作ったのが本日のこの一皿。

どんなインスピレーションかと言うと、ニンニクとアンチョビとオリーブオイルで作るピエモンテ名物のソース、バーニャ・カウダとこのトピナンブール(菊芋)を合わせたソースをパスタに絡めてみたのだ。もともとトピナンブールはバーニャ・カウダに合わせる定番野菜の一つ。なのでこの二つの愛称はそもそも抜群なのだ。

トピナンブール(菊芋)とは?
トピナンブール
トピナンブール(キクイモ)
トピナンブールとは?

どんな味がするの? どうやって食べるの?

その美味しい食べ方、トピナンブールを使ったその他のいろいろなレシピはこちらからどうぞ。

 

さてこのパスタ、作り方はとっても簡単。薄くスライスしたトピナンブールをたっぷりのオリーブオイルとニンニク、そしてアンチョビと炒め煮してブレンダ―でペースト状にしてソースを作る。

あとは茹でたパスタと少々のゆで汁とともに絡めるだけ。

 

このソースはバーニャ・カウダのイメージで作っているのでオリーブオイルの量は二人でコップ¹⁄3~半量ほどでたっぷりに、ニンニクも一人分につき1片以上は入れて、しっかりとニンニクの香りをつけるといい。アンチョビ、ニンニク、オリーブオイルのバーニャ・カウダソースというのはそれだけで抜群に美味しい。

もちろん、翌日に大事な商談がある場合(笑)は、ニンニクの量を控えめにするなど、その辺は好みや事情で調整すればOK。

 

菊芋と言うとなんとなく和食のイメージかも知れないけれど、ところ変われば、こんな美味しいパスタソースにだってなるんですよ。

 

ingredients (2人分)

  • 好みのパスタ 180g
  • トピナンブール(菊芋) 4-5個ほど(約300g)
  • オイル漬けのアンチョビ 30g
  • ニンニク 2片
  • EVオリーブオイル 150㎖ほど
  • イタリアンパセリ 少々

 

how to cook

(下準備)

  • トピナンブールは皮を剥き、薄くスライスする。
  • ニンニクは縦半分に切って芽を取り除く。
  • イタリアンパセリはみじん切りにする。

 

1)鍋にトピナンブール、アンチョビ、にんにく、オリーブオイルを入れて弱火で数分アンチョビをほぐしながら炒める。
2)水少々を加えて蓋をし、弱火で10-15分ほどトピナンブールが柔らかくなるまで煮る。塩で味を調える。
3)一旦火を止めてブレンダ―でペースト状にする。しっかりとブレンダ―にかけてクリーム状にしてもいいし、素朴な感じが好きならばトピナンブールを粗目に残しても美味しいです。
5)パスタをアルデンテに茹でたら再びソースの鍋の火を点け、パスタ、ゆで汁少々、イタリアンパセリをトピナンブールのソースと絡めて出来上がり。