プンタレッレ(プンタレッラ)

プンタレッレ(プンタレッラ)

プンタレッレとは?その味と特徴

プンタレッレ(単数形ではプンタレッラ。イタリアで一般的には複数形のプンタレッレを使います)とはイタリア、ラツィオ州で多く栽培されているチコリの一種。このプンタレッレはカタローニャという野菜の新芽のこと。チコリ特有の爽やかな苦みとカリカリとした食感が美味しい。生でサラダにして食べるのが一番一般的な食べ方。

プンタレッレとは “先端部分”と言う意味のイタリア語でその名の通り、周りの葉を取り除いた新芽の部分を食べる。葉の部分も炒めるなど加熱してから食べると美味しい。

旬は冬から春先にかけてでこの時期のローマ周辺のメルカートではよく見かける。最近では日本でも人気が出てきているので、イタリアンレストランでもお目にかかることが多いかもしれない。一方プンタレッレが成長したカタローニャはイタリアのスーパーでは一年中手に入るが、苦みが強く生食には適さないので加熱調理してから食べる。

 

カタローニャ

 

 

プンタレッラの食べ方とレシピ

外側の葉をとって、新芽の部分を食べる。外側の葉も炒め物などにすると美味しい。プンタレッレの一番有名な食べ方は縦に細く割くように切り、氷水にさらして苦みを和らげてから食べる方法。冷水にさらすとクルンと丸くなってくるのが特徴で、これを水気を切ってからアンチョビのドレッシングと和えたのがプンタレッレのローマ風サラダ

サラダ以外の食べ方ならフリットにするのもお勧め。ほんのりとした苦みがタラの芽やふきのとうの天ぷらのようで美味しい。その他にもパスタの具にしたりといろいろな使い方が出来る。

プンタレッレ 通常はこのように外葉がついたまま売られています。

 

– プンタレッラを使ったレシピ

料理名をクリックするとレシピのページに移動します。

insalata di puntarelle
プンタレッレのローマ風サラダ

プンタレッレのレシピと言えばこれ。そのほのかな苦み、香り、食感を味わうにはやはりまずはサラダから。

プンタレッレのフリット puntarelle fritte
プンタレッレのフリット ボッタルガ塩掛け

サックリと揚げたブンタレッレにボッタルガをまぶしたとっても美味しい一皿。ブンタレッレの苦みとボッタルガの塩味がワインのあてにも最高。次から次へと口へ放り込みたくなる一品。