カタローニャ

カタローニャ

カタローニャとは?

イタリアで一年中手に入る定番野菜の一つがこのカタローニャ。チコリア・アスパラゴとも呼ばれるキク科の野菜

名前の通り、チコリの一種旬は秋から冬にかけて。

味の特徴と言えばやはりその苦み。だが加熱するとそれほど苦みは気にならないので一般的には加熱調理して食される。

葉の部分は加熱すると柔らかくなるが、芯の部分は肉厚で少しサクサクとした食感がある。

 

このカタローニャの新芽はプンタレッレと呼ばれローマ近郊ではよくアンチョビを加えてサラダにして食される。

プンタレッレは苦みも穏やかで爽やかな香りとカリッとした食感が人気の野菜。

プンタレッレ

 

カタローニャの調理方法とレシピ

新芽は生でも食べられるが通常は加熱調理する。

一番定番の食べ方は他の青菜野菜同様、さっと塩ゆでしてからフライパンでオリーブオイルとニンニクで炒めて食べる方法。肉料理の付け合わせてとしても定番。

他にも塩茹でせずに鍋やフライパンで少量のオリーブオイルと塩を加えて蒸し焼きにしても美味しい。この場合はカタローニャから水分が出るので水を加えなくても大丈夫。

和食への利用方法は小さく切ったカタローニャをフライパンでごま油と鰹節、しょう油、酒、みりん等で炒めてふりかけにしても美味しい。ほんのりとした苦みとサクサクとした食感に白ご飯がすすむお勧めの食べ方。

 

カタローニャを使ったレシピ

カタローニャと豚ミンチのポルペッティーネ

みじん切りにしたカタローニャをミンチ肉と混ぜて焼いた肉団子(ポルペッティーネ)。レモンソースをかけてさっぱりと仕上げた一皿。

カタローニャのふりかけ

我が家で実は一番よく作るカタローニャ料理がこれ。カタローニャのほんのりとした苦みと和風の味付けが美味しいイタリア人にも喜ばれるレシピ。

ピッツァ・エ・フォイユ 

カタローニャとその他の葉野菜をふんだんに使ったアブルツォ州の郷土料理。トウモロコシ粉で作ったパンケーキ(ピッツァ)をちぎって食べる素朴な一皿。

イタリア野菜とお米のミネストラ

カタローニャとその他の野菜を使った簡単美味しいミネストラ。これ一皿で野菜がたっぷり食べれる我が家の ”冷蔵庫の掃除メニュー”。