チーマ・ディ・ラーパ

チーマ・ディ・ラーパ

チーマ・ディ・ラーパとは?

イタリアの代表的な冬野菜といえばこのチーマ・ディ・ラーパ(cima di rapa)。地中海沿岸が原産のアブラナ科の野菜旬は冬から春先にかけて。この野菜、地域によって呼び名が変わり、ナポリではフリアリエッリ、トスカーナではラピーニ、アブルッツォではラペッタといろいろな名前がある。チーマ・ディ・ラーパとは一大生産地、プーリア州での呼び名。

 

チーマ・ディ・ラーパとはイタリア語で ”かぶの先っぽ” と言う意味。その名の通り、かぶの菜の花のことで日本の菜の花より苦みがやや強い。そして花が咲く前に収穫されるのも日本の菜の花と同じ。

本来は菜の花の部分の事をチーマ・ディ・ラーパと呼びますが、イタリアのスーパーで見るのは菜の花ではなく葉の部分であることが多い。葉の部分は少し酸味と苦みがあり、これもまた美味しいですよ。

 

チーマ・ディ・ラーパの葉

 

主な産地は南イタリアのプーリア州で、このチーマ・ディ・ラーパを使ったパスタ、オレッキエッテ・コン・チーマ・ディ・ラーパはプーリア州の郷土料理として有名。またナポリのあるカンパーニア州では、たっぷりのオリーブオイルで蒸し煮にしたものをサルシッチャというイタリアのソーセージと一緒に食べるのが定番の食べ方。

 




 

チーマ・ディ・ラーパの食べ方

生で食べることは無く加熱して食す。太い茎の部分は固くて筋っぽいのでつぼみのついた先端から中央部分くらいまでを使うとよいです。

主な調理方法は多く分けて2通り。一つは茹でる、もう一方はフライパンなどで下茹ですることなくそのまま調理する。茹でると柔らかさと甘味が増し、日本の菜の花に近い味と食感となります。一方、下茹でせずに炒めたり、炊いたりするとその香りと酸味を十分に味わうことができます。

手に入らなければ日本の菜の花でも代用可。

 

– チーマ・ディ・ラーパのレシピ –

料理名をクリックするとレシピのページに移動します。

 

チーマ・ディ・ラーパとアンチョビのオレッキエッテ

チーマ・ディ・ラーパを使ったパスタと言えばまずこれ。プーリア州の郷土料理。しっかりと煮込んだチーマ・ディ・ラーパにアンチョビがアクセントになるとっても美味しい一皿。

サルシッチャとチーマ・ディ・ラーパ

 

チーマ・ディ・ラーパのストゥファート

ナポリでの定番の食べ方。チーマ・ディ・ラーパの一番シンプルで簡単な食べ方。たっぷりのオリーブオイルで蒸し煮にするだけ、ととっても簡単で肉料理の付け合わせにピッタリ。ちなみにナポリではチーマ・ディ・ラーパではなく、フリアリエッリという名前で呼ばれています。

チーマ・ディ・ラーパとカブのトマト煮込み

チーマ・ディ・ラーパと相性抜群のカブを使ったとっても簡単なトマトソース煮込み。沢山作って余った分は翌日にリゾットにするのがお勧め。我が家の人気メニュー。

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください