チーマ・ディ・ラーパとカブのトマト煮込み

チーマ・ディ・ラーパとカブのトマト煮込み

イタリアの代表的な冬野菜の一つ、チーマ・ディ・ラーパ

このチーマ・ディ・ラーパとカブのトマト煮は我が家の冬の定番。

チーマ・ディ・ラーパ、カブ、トマト、と材料3つのとってもシンプルな煮込みなのに旨味たっぷりのとても美味しい一品なのだ。

チーマ・ディ・ラーパ

 

さて、チーマ・ディ・ラーパとはカブの葉の花のこと。なのでカブと合うのは当然と言えば当然。

しかし使うのは日本の白いカブではなく写真にあるイタリアの紫のカブ。ミラノカブとも呼ばれる。

少し酸味があり、香りも通常のカブより強い。そしてこのチーマ・ディ・ラーパと似た香りがするのだ。

無ければもちろん通常のカブでも大丈夫。

ミラノかぶ

 

この料理のポイントとしてはチーマ・ディ・ラーパの茎の太い部分は筋っぽく固いので柔らかい先端から中央くらいまでの部分を使うこと。深緑色になるまでしっかりと煮込むと柔らかく、甘味と旨味が出て美味しくなる。

 

いっぱい作って残った分は翌日に茹でたお米を加えてリゾットにしても美味しい

我が家ではこのチーマ・ディ・ラーパのトマト煮を作った翌日はお米をパスタのようにたっぷりのお湯で茹でて湯をよく切った後、このこのトマト煮と混ぜてリゾットにする。

こうすると野菜のエキスが詰まった美味しいスープを余すことなく頂けるのでお勧め。

そうそう、リゾットにしたら上からオリーブオイルを少したらすとさらに美味しくなるのでぜひお試しあれ。

 

ingredients (4 人分)

  • チーマ・ディ・ラーパ 1㎏
  • カブ  3個
  • トマトピューレ 500㎖
  • ニンニク 2片
  • 唐辛子(好みで) 少々
  • EVオリーブオイル

how to cook

(下準備)

  • チーマ・ディ・ラーパは水でよく洗い2-3㎝ほどに切る。
  • カブは皮を剥き薄い櫛形に切る。
  • ニンニクはみじん切りにする。
1)鍋にオリーブオイルをたっぷりと入れ、ニンニク、唐辛子(好みで)を弱火で軽く炒める。
2)チーマ・ディ・ラーパを加え、しんなりするまで炒める。
3)カブとトマトピューレ、塩を加えて蓋をて20-30分ほど煮る。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください