チーマ・ディ・ラーパとアンチョビのオレッキエッテ

チーマ・ディ・ラーパとアンチョビのオレッキエッテ

冬の代表的なイタリア野菜の一つ、チーマ・ディ・ラーパ

チーマ・ディ・ラーパとはカブの菜の花のことでイタリアでは秋から春にかけて出回るとてもポピュラーな野菜。日本の菜の花よりも少し酸味と苦みがありイタリアではいろいろな料理に使われる。

チーマ・ディ・ラーパ

そしてチーマ・ディ・ラーパの代表的な料理と言えばこの南イタリア、プーリア州の郷土料理、チーマ・ディ・ラーパのオレッキエッテ

オレッキエッテとは ”小さな耳” という意味のパスタ。確かに耳の形に見えなくもない。

オレッキエッテ

 

この料理、チーマ・ディ・ラーパの次に欠かせないのがアンチョビ。アンチョビとチーマ・ディ・ラーパの香りというのはとても相性がいい。この二つの材料だけでもとっても美味しいけれどこれにドライトマトも加えることでさらに美味しさが増す。

そして隠し味に少しだけ加えるパプリカパウダー

ちょっと意外に思うかもしれないけれど乾燥パプリカは南イタリアではよく使われる材料で風味を増してくれる。

 

このパスタ、作り方はとても簡単だけれど一つポイントをあげるとすれば、チーマ・ディ・ラーパを色が深緑色に変わるまでしっかりと煮ること。

そして仕上げにリコッタ・サラータという塩味と酸味の効いたチーズを削り下ろして食べるのがイタリアでの定番だ。

 

イタリアでのチーマ・ディ・ラーパの一大生産地はプーリア州。

この野菜が手に入ったらまずはこんなプーリアのご当地パスタというのはいかがでしょうか?

 

 

 

ingredients (2人分)

  • オレッキエッテ(生) 250g (乾パスタなら180g)
  • チーマ・ディ・ラーパ 400g
  • アンチョビ 30g
  • ドライトマト 30g
  • パプリカパウダー 小さじ1
  • ニンニク 1片
  • リコッタ・サラータ 少々(仕上げ用にお好みで)
  • EVオリーブオイル

 

how to cook

(下準備)

  1. チーマ・ディ・ラーパは洗って1㎝弱に切る。
  2. ニンニクはみじん切りに、ドライトマトも1㎝程度に切る。
1)フライパンにオリーブオイル、アンチョビ、ドライトマト、ニンニクを入れてしんなりするまで炒める。※アンチョビから塩分が出るので塩は加えない。
2)パプリカパウダーを加えてフライパンに蓋をして20分ほどチーマ・ディ・ラーパが深緑色になるまで煮る。
3)沸騰した湯に塩を加えてパスタを茹でる。茹で上がったら湯を切ってフライパンに移し、チーマ・ディ・ラーパと和えて出来上がり。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください