チコリ(チコリーノ、カタローニャ)のフリット

チコリ(チコリーノ、カタローニャ)のフリット

日本でチコリと言うとチコリボートでお馴染みの薄緑色のチコリを思い浮かべる人が多いと思う。

しかしイタリアではひと口にチコリと言っても実に様々な種類が存在する。

今日の一皿はこのチコリを使ったフリット。

使ったのはバラの花のような見た目のチコリの一種でイタリアではチコリーノと呼ばれる品種。

チコリ
チコリーノ これは生のまま小さく切って生地に加えて下さい。

 

その他にもタラッサコと呼ばれる西洋タンポポや、カタローニャなどの苦みのあるチコリ系の野菜で作っても美味しい。

それ以外でもアスパラガスなど好きな野菜を入れていろいろアレンジできる。

カタローニャのフリッテッレ
これはカタローニャで作ったフリット(ポロ葱無しバージョンです)。カタローニャを使う場合は一度塩ゆでしてオリーブオイルとニンニクで炒めてから生地に加えて下さい。

 

イタリアのチコリいろいろ
カタローニャ
タラッサコ
タラッサコ
カタローニャ(チコリア・アスパラゴ)について詳しい食べ方やレシピ集はこちら

タラッサコ(西洋タンポポ)の食べ方やその他のレシピはこちらからどうぞ。

 

また、イタリアのフリット(揚げ物)にはいろいろな生地の作り方があり、日本の天ぷらとほぼ同じような作り方もあれば、その真逆の作り方もある。

今回は天ぷらとは全く異なる作り方。

薄力粉、ベーキングパウダーと炭酸水をグルグルと混ぜ合わせ、生地を休ませてから揚げる。

このやり方だと表はさっくり、中はふんわり、しっとりとしたお菓子のような食感のフリットが出来上がる。

天ぷらでは生地に粘りを出すことはご法度だけれど、イタリアではこんな作り方もあるのだ。

 

このフリット、揚げたてを口にポイポイと放り込みたくなる美味しさ。

その際にはよく冷えたプロセッコや白ワインなんかがあると、気分も上がること間違いなしだろう。

 

 

ingredients (2-3人分)

  • チコリ系の野菜 100g
  • ポロ葱(or 長ネギでも) 50g
  • 薄力粉 150g
  • ベーキングパウダー 小さじ2杯
  • 炭酸水 160㎖
  • 揚げ油

 

how to cook

1)薄力粉、ベーキングパウダー、塩一つまみ、炭酸水を泡立て器でよく混ぜ合わせて生地を15分ほど休ませる。
2)生地を休ませている間に、ポロ葱は輪切りにしてフライパンで少量のオリーブオイルとしんなりするまで炒める。
3)チコリーノは水でよく洗い、1㎝程度に小さく切る。※カタローニャやタラッサコ(西洋タンポポ)は一度塩ゆでしてからオリーブオイルで軽く炒めて下さい。
4)休ませた生地と野菜を混ぜ合わせる。
5)スプーンで生地を少しずつとり、180℃に熱した油で揚げる。仕上げに塩をまぶして出来上がり。揚げたて熱々を召し上がれ!