イタリア野菜とお米のミネストラ 

イタリア野菜とお米のミネストラ 

イタリアの家庭料理” と言ってもそのレシピは星の数ほどある。

手軽にできるものから前回のレシピ、バカラ・アッラ・ヴィチェンティーナ のように、なかなか手間のかかるものまで様々だ。

 

ところで、イタリアの家庭にもいわゆる “冷蔵庫の掃除メニュー” はもちろん存在する。

我が家の場合はこれ、料理名も “イタリア野菜とお米のミネストラ” となんだかぼんやりした名前(笑)

料理名の通り、使う野菜は何でもいい、冷蔵庫の残り物。

 

手順は至って簡単。

野菜を茹でてからトマトソースで煮て茹でたお米と和えるだけ

今回使った ”カタローニャ” と言う野菜、その苦みがお米とよく合う。

その他にもカブやチーマ・ディ・ラーパなどの季節野菜がちょっとずつあったので全て使用。

 

これがとっても美味しかったのだ!

冷蔵庫の掃除メニューが一気に我が家の人気メニューへと格上げされた。

 

伝統的な料理というのは偶然の産物であることは結構よくある

 

このメニューもいつの日か伝統的なレシピとなる日がくるかもしれない。

と、いうのはやはり大袈裟か(笑)

 

カタローニャ
チーマ・ディ・ラーパ
ミラノかぶ

ingredients (4人分)

  • お米 300g
  • チーマ・ディ・ラーパ 300g
  • カタローニャ 300g
  • カブ 1個
  • ジャガイモ 1個
  • 赤パプリカ ½個
  • 玉ねぎ ½個
  • トマトのパッサータ 600㎖ (無ければトマト缶一つ)
  • パプリカパウダー 大さじ1
  • ニンニク 1片
  • EVオリーブオイル
  • 塩 少々

 

how to cook

  1. 野菜を洗い、適当な大きさに切る。ニンニクと玉ねぎはみじん切りに。
  2. 葉物野菜とカブ、ジャガイモを茹でる。茹で上がったら湯をよく切っておく。葉物野菜はギュッと絞る。
  3. 鍋にオリーブオイルをひき、玉ねぎとニンニク、赤パプリカを軽く炒める。
  4. トマトのパッサータとパプリカパウダー、塩を加え10分ほど煮る。
  5. 湯でた野菜を加え、さらに10分ほど煮る。
  6. お米を塩を加えた湯ででアルデンテに茹で、湯を切った後に5へ加え、2~3分ほど弱火で混ぜながらソースと和えて出来上がり。

 

 

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください