レモンパスタ spaghetti al limone

爽やかで美味しく、おまけにとっても簡単に作れてしまうオイルベースのレモンパスタ

ソースの主な材料はレモン、パルミジャーノ、ニンニクにたっぷりのオリーブオイルのみ。レモンの酸味にパルミジャーノのうま味、ニンニクの香りが絶妙なパスタです。

後は好みでイタリアンパセリ等を加えても美味。

レモンパスタを美味しく作るコツ

このとっても簡単なパスタの作り方のコツはパスタ自体にしっかりと塩味をつけること

パスタを茹でる時に加える塩というのは通常、水1リットルに対して8〜10g(1%弱)が基本。ですがこのレモンパスタの場合は1.2%ほど加えて茹でて下さい。ゆで汁もソースに加えるのでこのくらいの強めの塩加減で丁度よいんです。

こうしてゆで汁を使うことでレモンソースにとろみがつき、パスタと絡んで美味しくなります。

ただし、塩分のきいたゆで汁を加えるのでレモンソース自体には塩を加えないこと

このように少しだけ塩味を強めるのには実は理由があって、後から加えるレモンの酸味とパスタの塩分がお互いのカドを打ち消しあうんです。なので少ししょっぱいかな?くらいのパスタの塩加減がレモンの酸っぱさを和らげ 爽やかな香りを引き立たせるてくれるという効果があります。

さて、1ℓの水は大体どのくらいの量か想像出来る人は多いと思うけれど、では10gの塩って一体どれくらいでしょう?

料理をする時にいちいち塩を量る人はまずいないと思うので、下の写真で20gの塩を見てください。

カレースプーン1杯で丁度20gです。これが通常のパスタで2リットルの水に対して加える塩の量。今回はこれの1.2倍ほど加えて下さい(あと小さじ1杯弱ほど)。一度お手持ちのスプーン1杯が何グラムの塩か量ってみてもいいですね。軽量スプーンなら大さじ1(15g)+小さじ1(5g)が20gです。

後はパスタを茹でている間にニンニクをたっぷりのオリーブオイルで軽く炒めてパセリを切っておくだけ。

そしてパスタとレモン汁、ゆで汁、パセリをフライパンに加えてぐるぐる混ぜ合わせたら、仕上げにパルミジャーノとレモンの皮のすりおろしをかけて出来上がり。10分程度で出来てしまう手軽さも嬉しいですね。

レモンの爽やかな香りとパルミジャーノの旨味がとっても美味しいこのパスタ。

何かさっぱりしたパスタが食べたいな、という気分の時はこんな簡単に作れるレモンパスタというのはいかがでしょうか。




レモンパスタの作り方

材料 (2人分)

  • スパゲッティ 200g
  • レモン 1/2個 小さ目なら1個(皮も使用するので防腐剤のついていないもの)
  • ニンニク 1片
  • パルミジャーノ 30g
  • イタリアンパセリ(好みで)少々
  • オリーブオイル 大さじ3
  • (水2ℓでパスタを茹でる場合)塩 25g (大さじ1+小さじ2杯弱)

作り方

  1. 沸騰した湯2ℓに25gの塩(約1.2%)の塩を加えてパスタを茹でる。
  2. パスタを茹でている間にニンニクをみじん切りにし、フライパンでオリーブオイルとともに弱火で焦がさないように炒める。イタリアンパセリもみじん切りししておく。※ニンニクの香りを穏やかにしたい場合はニンニクを半分に切って炒め、食べる前に取り除いてもいいです。
  3. パスタのゆで時間の2分ほど手前になったら、パスタをフライパンにお玉2~3杯ほど(約120-150ml)のゆで汁とともに移す。ゆで汁に塩分がきいているので塩は加えない火加減を強火にしてレモン汁、みじん切りにしたイタリアンパセリも加えてパスタと絡めるようにぐるぐると混ぜる。レモンソースがトロリと乳化してきたら火を止める。※レモン汁は手でぎゅっと絞る程度でいいです。果肉まで入れると酸っぱくなり過ぎてしまいます。
  4. 仕上げにパルミジャーノとレモンの皮をすりおろして出来上がり。




おすすめ記事