鯛の香草レモン焼き

鯛の香草レモン焼き

イタリアでの定番家庭料理 鯛のオーブン焼き

鯛を使った我が家の大定番がこの香草レモン焼き

今回はイタリアでごく一般的なヨーロッパヘダイという鯛をつかっているけれど、もちろん日本の鯛でも、鯛以外の魚で作ってもOK。

下処理済の魚を買えばオーブンで焼くだけなので本当に手軽に出来てしまう一品です。

イタリアではどんなハーブを使うの?

使う香草はタイムやオレガノなどが定番。魚の臭みを消して香りづけになるのでこういったハーブ類はイタリアで魚料理によく使われるんですよ。

写真のようにじゃがいもを加えて焼けば、付け合わせも一緒に出来てしまいます。

鯛に香りづけをして塩、オリーブオイルを振ったら後はオーブンで焼くだけ。

ほら、簡単すぎるメインディッシュの出来上がり!




鯛のレモンハーブ焼きの作り方

材料

  • 鯛 2匹
  • レモン(防腐剤のついていないもの) ½個
  • タイムやオレガノなどのハーブ 少々
  • ニンニク 1片
  • EVオリーブオイル

作り方

(1)鯛は内臓と鱗をとって流水で丁寧に洗い水気をキッチンペーパーでよくふき取る。腹に切れ目を入れる。オーブンは200℃に予熱する。
(2)耐熱容器にオーブンシートをひいてオリーブオイルをたっぷりと塗る。
(3)鯛の表面と腹の中に塩をしっかりと振る。レモンスライス、ニンニクのスライス、ハーブを表面と腹の中に入れてさらに上からオリーブオイルを全体にまんべんなくかける。200℃に予熱したオーブンで30分ほど焼く。※焼き時間は魚の大きさによって調整して下さい。




Instagram も現地イタリアより配信中!
インスタグラムではこのブログには書けなかったイタリア食材についての詳細情報やイタリア食文化にまつわる裏話、小話、こぼれ話をレシピとともに配信中。

現地在住、日伊ダブルカルチャーだからこそ書ける情報も盛りだくさん!イタリアやヨーロッパ各地の旅の様子も載せているのでどうぞ旅するように楽しんで下さいね。

フォローお気軽にどうぞ!