花ズッキーニのフリット

花ズッキーニのフリット

イタリアのメルカートで春から夏にかけて出回る花ズッキーニ

今日の前菜はこの花ズッキーニのイタリアでの一番の定番料理、フリット

 

フリットと言ってもそのまま揚げるのではなくて、花の中にモッツアレラチーズとアンチョビを詰めるのがイタリア流で、揚げたて熱々の花ズッキーニの中から溶け出すモッツアレラにアンチョビの塩味のハーモニーがたまらなく美味しい一品です。

花ズッキーニはとてもデリケートな食材なので少し下処理には注意が必要だけど、春~夏のこの時期にイタリア人がこぞって作る、イタリアでもみんな大好きな一皿。





花ズッキーニの下処理方法とレシピ集

花ズッキーニの美味しい食べ方は花ズッキーニの下処理方法とレシピ集のページからどうぞ。

デリケートな食材でもある花ズッキーニの扱い方も詳しく説明しています。

このフリット以外にも花ズッキーニを使ったパスタやリピエノなど、その他の美味しいレシピ集もありますよ!

 

さてこのフリット、揚げ物なので衣をつけて揚げればいいだけなんだけれど、美味しく仕上げるコツは以下の3点。

  1. モッツァレラの水切り
  2. 衣の作り方
  3. 油の温度

まず1のモッツァレラの水切りについて。モッツァレラはフレッシュチーズの中でも特に水分を多く含むチーズ。これをひと口大ほどにカットして花に詰めるわけだけれど、そのまま詰めると少し水っぽく仕上がってしまうし、油に水分が溶け出すとひどい油跳ねとなってしまう。そこでモッツァレラをカットして常温でそのまま15-30分ほどキッチンペーパーを敷いたお皿等に入れて置いておき、モッツァレラの水分を抜くのが美味しく仕上げるポイント。

 

2のはシンプルに小麦粉、塩、水の3点のみ。そして花ズッキーニのフリットの場合、天ぷらよりも少し重めの衣にするといいかと思います。具体的には小麦粉1に対して水1.2~1.5くらいの割合。この割合が経験上、しっかりと衣が素材についてサックリと仕上がる。また衣を溶く水をよく冷えた炭酸水にすると更にサクサク感がUPするので手元にあるならば試してみて下さい。

 

そして3の揚げ油の温度。これは天ぷらにも言えることだけれど、油の温度が低いと仕上がりはべチャっと重たくなってしまう。またこの花ズッキーニのフリット場合、温度が低い油に入れると花が開いて中のモッツァレラが溶け出し、ひどい油はねとなってしまうのでこの温度には少し注意が必要。衣を油に数滴落とし、すぐに浮き上がってくる温度になるまでしっかりと油を加熱してください。

衣をつけた花ズッキーニを入れるとジュッっと音がするのがカラッと揚がる油の温度。

 

以上の点に注意するだけで、抜群に美味しいフリットが出来るので後は揚げたてを口に放り込むだけ。

よく冷えた白ワインと共に味わうこの花ズッキーニのフリット。

「あ~!たまらない!」

と思わず叫んでしまう季節の一皿をイタリアよりお届けします!

 




 

 

ingredients

  • 花ズッキーニ 12個
  • モッツァレラチーズ 200g
  • アンチョビ 10gほど
  • 薄力粉 150g
  • 炭酸水 200㎖
  • 揚げ油

 

how to cook

花ズッキーニ fiori di zucca fritti
1)モッツァレラはひと口大にカットしてキッチンペーパーを敷いたお皿に15-30分ほど置き、水切りをする。花に詰める前にさらに上からキッチンペーパーを被せて軽く押して水分を取る。アンチョビは1-2㎝程度に切る。
花ズッキーニ fiori di zucca fritti
2)花ズッキーニはガクの部分と雄しべ、めしべを取り優しく洗ってキッチンペーパーで水気を取っておく(詳しい下処理の仕方はこちら)。
花ズッキーニ fiori di zucca fritti
3)花を開いて中にモッツァレラとアンチョビを詰める。
花ズッキーニ fiori di zucca fritti
4)花びらの先を巻いてぎゅっと閉じる。
花ズッキーニ fiori di zucca fritti
5)薄力粉、塩ひとつまみ、炭酸水を混ぜて衣をつくる。少しドロッとした生地です。この衣を手で塗るようにしてつけると衣が厚くなり過ぎず均一にきれいにつきますが好みでもう少し炭酸水で薄めた生地でもいいです。いずれにせよ花からモッツァレラが出ないようにきちんと衣をつけて下さい。
花ズッキーニ fiori di zucca fritti
6)花ズッキーニに衣をつけて180℃の油で揚げる。※衣を数滴落としてすぐに浮き上がる温度になるまで油を熱して下さい。低い温度で揚げるとべたっと仕上がってしまいます。