花ズッキーニのフリット

花ズッキーニのフリット

イタリアのメルカートで春から夏にかけて出回る花ズッキーニ

今日の前菜はこの花ズッキーニのイタリアでの定番料理、フリット

 

フリットと言ってもそのまま揚げるのではなくて、花の中にモッツアレラチーズとアンチョビを詰めるのがイタリア流。

揚げたて熱々の花ズッキーニの中から溶け出すモッツアレラにアンチョビの塩味のハーモニー。

 

あー、もー、たまらない!!!

 

の一言に尽きる。

※揚げたてを食べるときは火傷に注意して下さい。私は火傷しました。

 

フリットの生地は卵やイースト、ベーキングパウダーを加えたりするレシピもあるけれど今回は至ってシンプルな水、小麦粉、塩、の3点のみ。

サクッと上げるコツはよーくキンキンに冷えた炭酸水を使うこと

普通の水で粉を溶くよりも簡単にサクサク感がアップするのでぜひ試してみて下さい。

 

 

キリリと冷えた白ワインとともに頬張る花ズッキーニのフリット。

口いっぱいに広がる春の香り。

 

さぁ、いよいよ春も本番だ!

 

 

 

ingredients

  • 花ズッキーニ 12個
  • モッツァレラチーズ 200g
  • アンチョビ 10gほど
  • 薄力粉 150g
  • 炭酸水 200㎖
  • 揚げ油

 

how to cook

  1. 花ズッキーニはガクの部分と雄しべ、めしべを取り優しく洗ってキッチンペーパーで水気を取っておく(詳しい下処理の仕方はこちら)。モッツアレラチーズはひと口大に、アンチョビは1㎝弱に切る。
  2. 花を優しく開き、中にモッツアレラチーズとアンチョビを入れて花の上をギュッとねじって閉じる。※うまく閉じなければ爪楊枝を使って止めても揚げやすいです。
  3. 薄力粉をよく冷えた炭酸水で溶き、塩一つまみを加えて軽く混ぜる。
  4. 花ズッキーニにフリットの生地をつけて180℃に熱した油で揚げる。

※爪楊枝で止める場合は花びらを順番に重ね、花びらの最後の一枚をぐるりと巻き付けてから楊枝を刺すときれいに閉じれます。