そば粉のクッキー

そば粉のクッキー

蕎麦といえば和食、日本のイメージだけれどもイタリアのアルプス地域でも実は蕎麦がよく食されている。

例えばロンバルディア州のポレンタ・タランニャや蕎麦粉のパスタのピッツォッケリなど。

 

今日のおやつはオーストリアとの国境付近、南チロル地方の蕎麦粉のクッキー。

ちなみにイタリアでよく見る蕎麦粉は日本の更科そばに使われる白っぽい一番粉(更科粉)ではなく田舎そばのような黒っぽい粉なのでより素朴な味わいです。

そば粉のたんぱく質にはグルテンが含まれないのでそば粉だけでは生地がまとまりにくく、扱いにくいので通常はそば粉に小麦粉を加えます。またそば粉は小麦粉よりもミネラルが豊富なのが特徴、その点から言っても罪悪感の少ないおやつ(笑)。

 

そのまま薄く焼きあげても美味しいし、写真のようにジャムを挟むのもおすすめ。

作り方自体はシンプルで簡単なので、子供と遊びながら作るのも楽しいですよ。

 




 

ingredients (約40枚20セット分)

  • そば粉 270g
  • 薄力粉 130g
  • 無塩バター 120g
  • 卵 2個
  • 砂糖 100g
  • 塩 ふたつまみほど
  • 好みのジャム適量

how to cook

biscotti di grano saraceno
1)ボウルに蕎麦粉と薄力粉、砂糖、塩を入れて泡だて器でぐるぐると混ぜる。
biscotti di grano saraceno
2)溶かしバターを加えてフォークでさっくりと切るように混ぜ合わせ、ポロポロとしたそぼろ状にする。
biscotti di grano saraceno
3)溶き卵を加えて同じようにフォークでサクサクと混ぜる。
biscotti di grano saraceno
4)ボウルの中である程度滑らかな生地になるまで軽く捏ねる。
biscotti di grano saraceno
5)ラップでぴったりと包み、冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
biscotti di grano saraceno
6)打ち粉(分量外)をした台で3-4ミリほどの薄さになるまで伸ばす。リング状の内側を抜くにはペットボトルがちょうどいいサイズです。※冷蔵庫から出してすぐは生地が固くしまっているので5分ほど室温に置いておくと伸ばしやすいですよ。
biscotti di grano saraceno
7)型で抜いて200℃のオーブンで12分ほど焼いたら出来上がり!冷ましてからジャムを挟んでも美味しいです。

 

 

Instagramでもレシピ配信中!