ラグーソースのタリアテッレ(トスカーナ風)

ラグーソースのタリアテッレ(トスカーナ風)

ラグーソース“ と言うと日本でよく知られているのはパンチェッタ(ベーコン)と牛ミンチをブイヨンで長時間煮込むボローニャ風(ボロネーゼ)だろう。

しかし実はイタリア全土では実に様々なラグーソースが存在する。

 

今回のはトスカーナ風

ボロネーゼよりも多くのトマトピューレを使い、トマトの存在感がボロネーゼよりも際立つ。

ただ、このラグーについては家庭によってそれぞれのレシピがあるので、こうして地域によって分けるのは少々無理があるのだけれど。。。

 

ラグーソースのパスタと言えばイタリアでは典型的なドメニカ・プランツォ(domenica pranzo / 日曜の昼食)のメニュー。イタリアでドメニカ・プランツォとは文字通りの “日曜のランチ” と言う意味以上に “家族みんなでとる大事な食事” という意味も含まれる。

イタリアでは伝統的にはディナーよりも昼食の方が重要度が高い。そのためかどうかイタリアの会社は交通費は出なくても昼食代は支給される会社も多い。

じっくりと丁寧につくるラグーソースはそんな家族みんなで囲むテーブルにピッタリなメニューなのだろう。

 

そしてラグーソースに合わせる定番のパスタは平打ちのタリアテッレ

タリアテッレに使う小麦はグルテンの含有量が少ない軟質小麦が伝統的なレシピ。ただこの軟質小麦が日本の薄力粉にあたるかと言えばそうでもない。日本とイタリアでは小麦の分類方法が違うのでここでは薄力粉と強力粉を半分づつの量でのレシピにした。薄力粉が多ければ歯切れのよいパスタ、強力粉が多ければもっちりとしたパスタになるのでどうぞお好みの配合を見つけてみて下さい。

 

そして主役のラグーソース

作り方はそれほど難しく、強いて言うならばポイントは “弱火でコトコトじっくりと”。

強火で急いで作っては美味しいラグーソースは出来ない。

 

けれど何となく我が家の週末シェフに

ラグーソース作りのコツは?

と、ふと聞いてみた。

 

帰ってきた答えは

 

アモーレをたっぷり注ぐこと。

 

“アモーレ” の意味はもう書かなくてもわかりますよね?

反対に言えばアモーレさえ注げばどんなラグーソースも美味しく出来るのだろうか。

 

 

その答えは、、、

 

このブログをご覧の皆さまご自身で確かめてみる、というのが一番ではないでしょうか?

きっと世界で一つだけのスペシャルなラグーソースが出来ますよ!

 




ingredients (4人分)

タリアテッレ

  • 強力粉 200g
  • 薄力粉 200g
  • 卵 4個
  • EVオリーブオイル

ラグーソース

  • 牛ミンチ 300g
  • サルシッチャ(無ければ豚ミンチ) 150g
  • トマトピューレ 700㎖
  • 赤ワイン 100㎖
  • 玉ねぎ 1個
  • セロリ 1本
  • 人参  1本
  • ニンニク 1片
  • ローズマリー 少々
  • ローリエ 3枚ほど
  • EVオリーブオイル 適量
  • 塩 少々
  • 黒コショウ 少々

 

 

how to cook

タリアテッレ

1.ボウルに小麦粉、塩、オリーブオイル少々、卵を入れる。

2.フォークで卵と小麦粉をかき混ぜる。水分が少なければ水を少量加える。手で力強く捏ねて滑らかな生地になってきたら丸くまとめてラップをして1時間以上休ませる。

3.麺棒で1~2㎜程度の厚さになるまで伸ばしていく。※生地がくっつかないようにに打ち粉をする。

4.薄く伸ばした生地をくるくると丸めて棒状にし、1㎝弱の幅で包丁等で切っていく。グッと押し切るようにするときれいに切れます。

5.切り分けたパスタは打ち粉をまぶしてひっつかないようにしておく。

 

ラグーソース

  1. 全ての野菜は皮を剥き、みじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れ、切った野菜を炒める。
  3. 牛ミンチとサルシッチャを手で小さくちぎりながら入れ、赤ワインを加えたら強火にしてアルコールを飛ばす。
  4. トマトピューレとローリエの葉、ローズマリー、塩、コショウを加えたら蓋をして弱火で1時間ほど煮る。
  5. タリアテッレを茹で、湯を切ったらソースと絡めて出来上がり。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください