パプリカのリピエノ オーブン焼き

パプリカのリピエノ オーブン焼き

イタリアには様々なパプリカがある。

今日のパプリカはトペーポ(topepo)というカラブリアのパプリカ

トマトのような大きさで、実がギュッとしまっていて厚みがあるのが特徴。見た目もコロンとしていて可愛い。

その大きさからもリピエノ(肉詰めなどの詰め物をした料理)にピッタリとされる品種。

手に入りくいパプリカなので、もちろん普通のパプリカを使っても大丈夫。

トペーポ(topepo)

 

リピエノの中身は牛ミンチ、パン、卵、牛乳にたっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノ

このパルミジャーノ、実は昆布と同じように旨味成分であるグルタミン酸を多く含む

その為イタリアではそのまま食べるだけでなく、旨味を増すために料理にもよく使われる、イタリアを代表するチーズの一つ

 

このレシピでは8個のリピエノに対して100gのパルミジャーノを使用。

この100gのパルミジャーノ、一体どれくらいの量かというと下の写真の量がちょうど100g。

大きさの比較のためにワインのコルクを置いてみた。

そして100gをすりおろすと結構な量になることがお分かりいただけるだろうか?

100gのパルミジャーノ
100gのパルミジャーノをすりおろした状態。パスタ皿に山盛りの量になります。

 

イタリアのノンナ(おばあちゃん)達はこのたっぷりのパルミジャーノを惜しげもなく使っていた。

だからこそ、あんなに美味しい “ノンナの味” というのが出来上がるのだろう。

 

実際にこのリピエノを食べた夫が一番に発した言葉は

「ノンナ(おばあちゃん)の作っていたリピエノみたい!」

 

そしてもちろん、ノンナの料理に欠かせない

“たっぷりの愛情”

も大事な隠し味となるので、そちらもどうぞお忘れなく!

 

ingredients (8個分)

  • パプリカ 8個
  • 牛ミンチ 400g
  • 卵 1個
  • パルミジャーノ・レッジャーノ 100g
  • 固くなったパン(or パン粉)50g
  • 牛乳 100㎖
  • ナツメグ 少々
  • EVオリーブオイル

 

how to cook

(下準備)

  • オーブンは180℃に予熱しておく
  • 耐熱皿にオーブンシートをひいておく
1)パプリカは上部を切り取ってワタと種を取り除く。
2)牛ミンチ、パン、牛乳、卵、パルミジャーノ、ナツメグ、塩をボウルに入れて手でこねる。
3)パプリカに詰め物をして上からオリーブオイルを振りかける。180℃に予熱したオーブンで45分ほど焼いたら出来上がり。