ロマネスコのパスタ

ロマネスコのパスタ

最近は日本でもお馴染みの野菜となったイタリア野菜のロマネスコ

今日の一皿はこのロマネスコを使ったパスタ。

このパスタのポイントはロマネスコを柔らかく煮崩すこと。日本では野菜を茹でるときは、歯ごたえを残すように茹でるけれど、パスタのソースにはこの茹で方は向かない。しっかりと茹でて柔らかくなったロマネスコがパスタと絡んでこそ美味しい一皿に仕上がる。

 

ロマネスコ

そしてこの一皿、ロマネスコだけのソースだと味が少々ぼやけてしまうので引き締め役に加えるのがアンチョビ

アンチョビの香りと塩味がロマネスコの優しい味わいと対照的でいいアクセントとなるのだ。

手に入らなければドライトマトや塩味の効いたチーズなど、なにか味を引き締めるものを入れるといい。

塩漬けのアンチョビ

また、隠し味として使うのがシンプルなパスタの風味を増してくれる乾燥タイプのスイートパプリカ。なければ少々のパプリカパウダーで代用する、もしくは無くても構わない。

そして仕上げ、パスタの上からパラパラとふりかけるのがハード系パンの外側の部分をおろしたパン粉(切りくずでも)。これをフライパンでカリッと炒ってからかけると、とてもいい食感のアクセントとなる。このようにパン屑やパン粉をオイルベースのパスタにかけるのはイタリア、特に南イタリアではよく見られる食べ方。カリッとしたパン粉がオイルをやさしく吸い、食感や香りもUPするのでぜひ試して欲しい。

ハードタイプのパン。この切りくずや外側の部分を削って使うと美味しい。無ければパン粉でもOK。

 

シンプルなパスタだけれど上記のポイントを押さえながら作ると、とても美味しい一皿となる。

“シンプルなものほど丁寧につくる”

美味しい料理には丁寧さは欠かせないものだ。

 

 

 

ingredients (2人分)

  • ロマネスコ 1株
  • フジッリ(or お好みのパスタ)200g
  • アンチョビ 20g
  • 乾燥スイートパプリカ 少々
  • ニンニク 1片
  • ハードパンの外側(or パン粉)少々
  • EVオリーブオイル 少々
  • 塩 少々

 

how to cook

(下準備)

  • ロマネスコは水で洗い小房に分ける。
  • ニンニクはみじん切りにする。
  • アンチョビは塩漬けのものなら塩を洗い落とし、骨を取り除く。
1)ロマネスコを柔らかくなるまで茹でる。
2)フライパンにオリーブオイル、アンチョビ、ニンニク、スイートパプリカを入れて弱火でアンチョビを崩すように炒める。
3)フライパンにロマネスコをゆで汁少々とともに移し、ロマネスコを木べらで崩しながら15分ほど弱火で煮る。※アンチョビから塩分が出るので塩は加えない。
4)パスタをアルデンテに茹でる。茹で上がったらゆで汁少々とともにフライパンに入れてロマネスコと混ぜ合わせる。
5)パン粉を別のフライパンで乾煎りしてカリッとさせる。このパン粉を仕上げに手で崩しながらまぶして出来上がり。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください