基本のカルボナーラ

基本のカルボナーラ

カルボナーラは豚のほほ肉を塩漬けして熟成させたグアンチャーレ(guanciale)、、羊のミルクからできたペコリーノ・ロマーノチーズをパスタと絡めた世界中から愛されるイタリアを代表するパスタ料理の一つ。

アマトリチャーナ、カーチョ・エ・ペペと並ぶローマの3大パスタとして知られるがその歴史は意外にも新しい。実は第二次世界大戦後から広まったとされる。

ただしチーズと卵を使った料理はイタリア中部のアペニン山脈地方では古くからよく食されており、そこにグアンチャーレ、もしくはパンチェッタ(ベーコン)を加えたのがこのカルボナーラというわけだ。

ペコリーノ・ロマーノ

 

このパスタ、作り方はとても簡単でコツと言えるほどのこともない。

卵とチーズを混ぜた液にカリカリに焼いたグアンチャーレ、もしくはベーコンを加えてそこへ茹でたパスタを混ぜ合わせるだけ。

初めてカルボナーラを作る人がやりがちなミスと言うのは卵液に火を通してしまいスクランブルエッグのようにしてしまうこと。けれどボウルに卵を割り入れてそこへ茹でたパスタを入れれば卵に火が通ることは無いので失敗する心配はまずない。

そしてトロリとしたカルボナーラにするには卵の黄身を多く使うこと

全卵オンリーで作るレシピもあるし、やはり黄身を多く使うことで卵感たっぷりのパスタとなる。

 

以上の点さえ気をつければ本当に簡単に出来てしまうこのカルボナーラ。

 

そうそう、もうご存知の方も多いかと思うけれどイタリアではカルボナーラに生クリームは使わない。

イタリア人の前でカルボナーラに生クリームを入れるなんて言ったら

「邪道だ!」

と、怒り出すこと必至ですのでお気をつけて(笑)。

 

ingredients (2人分)

  • 好みのパスタ 200g
  • 全卵 1個
  • 卵黄 2個
  • ペコリーノチーズ(無ければパルミジャーノ)50g
  • グアンチャーレ(or ベーコン)70g
  • 粗びき黒コショウ

how to cook

  1. ボウルに卵(全卵1個、卵黄2個)、すりおろしたペコリーノチーズを入れてよく混ぜる。
  2. フライパンでグアンチャーレ (or ベーコン) に黒コショウをふってカリカリになるまで炒める。粗熱が取れたら1のボウルに加える。ベーコンとチーズの塩分があるので塩は加えない。
  3. 沸騰した湯に塩を加えてパスタを茹でる。
  4. パスタが茹で上がったらゆで汁少々(スプーン2-3杯程度)と共に卵液の入ったボウルにいれてよく混ぜ合わせたら出来上がり。好みで上からさらに黒コショウをふっても。