ピンクアスパラガスのアンチョビソース掛け

ピンクアスパラガスのアンチョビソース掛け

春だけのお楽しみ、アスパラガスにとっても美味しいソースを合わせたのが今日の一皿。

使うアスパラは繊細な味と香りのホワイトアスパラやピンクアスパラが向いている。

ピンクアスパラはその名の通り、先端部分がほんのりとピンク色をしたアスパラでホワイトアスパラよりやや香りが強い。

 

 

イタリアのいろいろなアスパラガスとレシピ集
ピンクアスパラガス
イタリアのピンクアスパラガスやその他のいろいろな種類についてはイタリアのいろいろなアスパラガスとレシピ集のページで詳しく説明しています。

このアンチョビソース掛け以外にもアスパラを使ったいろいろなレシピがありますよ!

ピンク、白、紫、緑とカラフルなアスパラのレシピを好きなアスパラを使ってアレンジするのもお勧め。

 

この柔らかく茹でたピンクアスパラガスにかけるのはアンチョビのソース

ただ、アンチョビだけだと繊細な味のアスパラガスとのバランスが崩れるのでバターと牛乳で少しまろやかさを出そう。

アンチョビはイタリア料理に割とよく登場し、アンチョビを加えるだけで料理がぐんと美味しくなるとても優秀で便利な食材。

 

アンチョビとは?その使い方とレシピ集

アンチョビってよく聞くけど、どういう使い方をするの?

アンチョビについて詳しくはアンチョビとレシピ集のページで詳しく説明しています。

アンチョビを使ったとっても美味しいパスタや簡単料理のレシピ集もありますよ!

 

それだけで美味しいアスパラガスにこのアンチョビベースのソースをかけ、そこへさらにペコリーノチーズをすりおろして頂く。

アンチョビソースにペコリーノチーズの旨味が混ざり合い、なんとも極上の味わい。

作り方はとっても簡単なのに、

「う~ん!!!」

と、うなってしまうこと間違いなしのとっておきの一皿の出来上がり!




ingredients (2-3人分)

  • ピンクorホワイトアスパラガス 10本ほど
  • アンチョビ(オイル漬けのもの)20g
  • バター 20g
  • 牛乳 大さじ3杯
  • EVオリーブオイル 大さじ3杯
  • 好みの硬質チーズ(ペコリーノチーズ、パルミジャーノ、グラーナパダーノ等)少々
  • イタリアンパセリ 少々

 

how to cook

1) アスパラガスは下の固い部分を切り落とし、上から5㎝ほどのところから厚めに皮を剥く。
2) アスパラガスを10分ほど柔らかくなるまで茹でる。※始めの5分ほどはアスパラをタコ糸等でしばり縦にして下半分を茹で、その後に寝かせて全体をさらに5分ほど茹でると全体がバランスよく茹でられます。
3) 小鍋にアンチョビ、バター、牛乳、オリーブオイルを入れ、弱火でアンチョビを木べら等で崩しながら混ぜ合わせる。アンチョビがある程度崩れたらソースの出来上がり。茹でたアスパラにこのソースをかけ、好みのチーズとイタリアンパセリを散らせて召し上がれ!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください