タラッサコ

タラッサコ

タラッサコとは?

タラッサコとはヨーロッパが原産のキク科タンポポ属の多年草。

イタリアではデンテ・ディ・レオーネ(ライオンの歯)の名でも知られ、またピエモンテではジラソーレ(ヒマワリ)とも呼ばれている。そして英語ではダンデライオン(dandelion)。

 

そう、日本でも野原でよく見る西洋タンポポのこと

 

花から根まで全て食用でき、根を乾燥させて炒ったタンポポコーヒーはノンカフェイン飲料としてご存知の方も多いだろう。

イタリアでは葉の部分がメルカート(マーケット)などで普通に野菜として売られている。

 

ビタミンC、鉄分、カリウムが豊富で薬草としても古くから食用されていたこのタラッサコは肝機能強化利尿作用血液浄化など様々な効能がある優秀なデトックス食品。特に利尿作用は ”ピッシャレット(おねしょ)”との別名がつくほど昔から知られた効用。

 

味の一番の特徴はやはりその苦み。ただ花が咲く前の若い葉は苦みも少なく柔らかい。

 

 

 

タラッサコの食べ方とレシピ

生でも加熱しても食べられる

 

生で食べる場合には苦みを和らげるために水にさらしてから細かく切ってオリーブオイルなどで和えても美味しい。タラッサコのみでサラダにするとやはり苦みが強いので、ほかの野菜と合わせてミックスサラダにするとよい。同じように苦みのある野菜、ルッコラのような感覚で使える。

ピエモンテでは生のタラッサコと茹で卵でサラダにしたりする。

 

加熱する食べ方で一番手軽なのはさっと塩茹でしてからフライパンでオリーブオイルとニンニクで炒めて食べる方法。これは肉料理の付け合わせにもピッタリ。加熱すると苦みも和らぐので食べやすい。

 

その他にも一般的な青菜野菜同様、いろいろな使い方が出来る。

キッシュやラビオリの具材などに使用しても美味しい。

 

タラッサコのレシピ

タラッサコのフリッタータ

タラッサコを使ったオープンオムレツ。苦みの強いタラッサコも卵と合わせると食べやすい。イタリアでの定番レシピ。

タラッサコのおひたし

さっと茹でておひたしにしても。

タラッサコの野菜炒め

塩ゆでしたタラッサコをオリーブオイルで炒めてシンプルに食べるのも簡単でお勧め。肉料理の付け合わせとしても。ベーコンなどと一緒に炒めても美味しい。