アーリオ・オルシーノのペスト

アーリオ・オルシーノのペスト

ペストと言えばバジル、松の実、パルミジャーノのペスト・アッラ・ジェノベーゼが一番有名だろう。

でも今日のペストはバジルではなくアーリオ・オルシーノ(aglio orsino)のペスト。

 

このアーリオ・オルシーノ、イタリアよりもドイツでよく見かける野菜で私達もこれを知ったのはドイツ人の友人が教えてくれたから。

ドイツではベアラウホ(Bärlauch)と呼ばれ、春を告げる野菜の一つ。名前の由来は冬眠から覚めたクマが体内を浄化するためにこれをよく食べていたことからついた名前だそうだ。イタリア語のアーリオ・オルシーノの意味もずばり “クマのニンニク”。その名の通り葉を触るとニンニクの香りがする。

実は日本でも流通量は非常に少ないもののこのアーリオ・オルシーノが食されている地域がある。東北、北海道だ。

ヨーロッパの品種と少々異なるけれど、日本では行者ニンニクと呼ばれているもの。

ミラノではたまーにメルカートで見かけるけれど、イタリア人でもこの野菜を知っている人はほとんどいない。

アーリオ・オルシーノ

 

このアーリオ・オルシーノの食べ方の代表的なものがこのペスト。

今回は松の実の代わりに家にあったクルミを使ってみた。そして使うチーズは塩味の利いたペコリーノチーズ。

これにオリーブオイルと塩を加えてブレンダ―でペーストにするだけ。

 

このペスト、パスタに和えたりパンに塗ったりといろいろな使い方が出来る。

パスタに和えても美味しい

 

ペスト=ジェノベーゼ。

と思われがちだけれど、こんなペストもあるんですよ。

 

ingredients (4-5人分)

  • アーリオ・オルシーノ 80g
  • クルミ 10粒
  • ペコリーノチーズ 100g
  • EVオリーブオイル 150㎖

 

how to cook

  1. アーリオ・オルシーノはよく洗い、小さく切る。クルミも軽く砕いておく。ペコリーノチーズは1㎝角程度に切る。
  2. 全ての材料をブレンダ―でペースト状にしたら出来上がり。