ランパショーニ

ランパショーニ

ランパショーニとは?

見た目は小さな玉ねぎのようなこのランパショーニは南イタリアのプーリア州とバジリカータ州に多く自生するハネムスカリ(muscari comosum)の球根のこと。ただし市場に出回るものは自生ではなく栽培されたものも多く、一般的な大きさは3~4㎝程度。

プーリア州ではお馴染みの野菜だけれど北イタリアではその知名度は低く、スーパーでもごくたまに見かける程度。 夏の終わりから秋にかけて収穫されることが多い。

日本では “ムスカリの球根は毒性があり、食用はできない” と言われていますが、このイタリアのランパショーニは食用できます。

味の特徴は強烈な苦み。その苦みをとるために皮を剥いてぬめりをよく洗い流し、水につけておく必要があります。その強烈な苦みゆえ、好きか嫌いかはっきりと分かれる食材だと思います。

食感はユリ根のような感じでほくほくしている。代表的な食べ方は水につけて苦みをとったものを柔らかくなるまで茹でてオリーブオイル等であえて食べる、もしくはその茹でたランパショーニを酢漬けにして保存食にしたりもします。

 
 




 
 

ランパショーニの食べ方

その強烈な苦みを取るために、必ず下記の下処理をしてください。

下処理をした後はシンプルにオリーブオイルで和えて食べたり、酢漬けにして保存食にしたりといろいろな食べ方が出来ます。

-ランパショーニの下処理の仕方-

ランパショーニ
1)皮を剥いて水でぬめりを洗い落とし、下から十字の切れ目を入れる。
2)7-8時間ほど水に浸けて苦み取りをする。水は途中で何度か入れ替えて下さい。
※水に浸ける時間は最低7時間ほど、苦みが苦手な方は丸一日水に浸けておいてもいいです。

 

-ランパショーニのレシピ集-

料理名をクリックするとレシピのページに移動します。

insalata di lampascioni
ランパショーニにオリーブオイル和え

ランパショーニの一番簡単でシンプルな食べ方。柔らかくなるまで茹でたランパショーニをオイルとビネガーでマリネした、付け合わせにピッタリの一品。

ランパショーニとポテトのオーブン焼き

下処理をしたランパショーニとポテトをオーブンで焼くだけの簡単レシピ。ランパショーニの苦みとポテトがよく合いワインが進む一品。

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください