ムール貝とジャガイモのリゾット

ムール貝とジャガイモのリゾット

イタリアでムール貝はどこでも手に入るお馴染みの貝。今日はこのムール貝を使って夫が実家でよくマンマが作ってくれたという一皿を再現してくれた。魚介類をトマトソースで煮込むのはいかにも南イタリアらしい料理。ムール貝のスープも加えるので潮の香りがするとっても美味しいリゾットとなる。

リゾットといっても茹でたお米をソースと和えるのでブロード(イタリア版の出汁)と共にお米を煮る本来のリゾットとは少し異なる。しかし夫の実家ではよくこのようにお米をパスタのようにアルデンテに茹でてからいろいろなソースと和えて食べる。ちなみにイタリアでは日本人の感覚からすると少し違和感があるが、お米は洗わずにそのまま調理する。

合わせるワインはグリッロ(grillo)というシチリアのワイン。しっかりとした果実味のあるワインで魚介類のトマトソース煮込みとピッタリ。

 

雨の週末だったミラノ。

しかし我が家のテーブルでは美味しいリゾットにシチリアのワインで南イタリアの海と太陽を感じた週末だった。

 

ingredients (4人分)

  • ムール貝  1.5㎏
  • 米(リゾット用のもの) 300g
  • トマトのパッサータ 500㎖ (無ければトマト缶1個)
  • ジャガイモ 1個
  • 玉ねぎ   ½個
  • ニンニク  1片
  • イタリアンパセリ 少々
  • EVオリーブオイル 少々
  • 塩  少々

 

how to cook

  1. ムール貝はよく洗い、蒸して身を取り出す。蒸した時に鍋に出たスープは濾しておく。(詳しい下処理方法はこちら
  2. ジャガイモは皮を剥いてひと口大に切る。玉ねぎ、ニンニク、イタリアンパセリはみじん切りにする。
  3. フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎとニンニクを炒める。
  4. 玉ねぎが透明になったらトマトのパッサータとジャガイモ、ムール貝のスープをお玉で一すくいほど加えてジャガイモが柔らかくなるまで煮る。ジャガイモが柔らかくなったらムール貝の身を加える。※ムール貝のスープは塩分が濃いので様子を見ながら少しずつ加えること。
  5. 別の鍋で沸騰した湯に余ったムール貝のスープを加え、お米をアルデンテに茹でる。茹で上がったら湯を切る。
  6. お米を4に加えて中火で2~3分かき混ぜながら煮て塩で味を調える。仕上げにイタリアンパセリをちらして出来上がり。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.