ボリジのアンチョビ炒め

ボリジのアンチョビ炒め

ボリジとはイタリアの野原でよく見かけるハーブの一種で野菜としてもイタリア料理に登場する(ボリジについて詳しくはこちら)。今日はこのボリジ、イタリア語でボラージネ(borragine)を私達一家の信頼する八百屋さん、マッシモのお店で手に入れたのでこれを使ってアンチョビと卵と共にフライバンで炒めた我が家の定番の一皿を作った。このボリジ、アンチョビととてもよく合うのだ。

ボリジの特徴の一つでもある、トゲのように鋭い毛を柔らかく食べやすくするためにまずは軽く塩ゆでをするのがコツ。それ以外は普通の野菜炒めのように炒めるだけ。今回はボリュームを出すために卵を加えたけれど卵なしでも美味しい。

おそらく日本でボリジが食用として売られていることはほとんどないと思うので、イタリアに来られた際にぜひ味わってみて欲しい。ハーブ独特の苦みと香りがとても美味しいし、おまけに身体にいいときたら食べない手はないだろう。

ingredients (4人分)

  • ボリジ  500g
  • アンチョビ 20gほど
  • 卵 3個
  • パルメザンチーズ 30g
  • ニンニク 1片
  • EVオリーブオイル
  • 塩 少々

how to cook

  1. ボリジは水でよく洗い、さっと塩ゆでする。茹でた後は手で絞って水分をよくきり、小さく切っておく。ニンニクはみじん切りにする。卵はボールに割り入れ、パルメザンチーズと塩少々と混ぜておく。
  2. みじん切りにしたニンニクとオリーブオイルとアンチョビをフライバンに入れ、弱火でアンチョビを崩しながら炒めてる。そこへボリジを加えて軽く炒める。
  3. 卵とチーズを混ぜた液を加え、かき混ぜながら炒める。卵に火が通ったら出来上がり。

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください