リボッリータ(カーボロネロのトスカーナ風煮込み)

リボッリータ(カーボロネロのトスカーナ風煮込み)

冬になると出回るイタリア野菜、カーボロ・ネロ

このカーボロネロはイタリアでの別名カーボロ・トスカーノ(トスカーナのキャベツ)と呼ばれるようにトスカーナの代表的な野菜。

そしてトスカーナでこの野菜を使った一番代表的な郷土料理と言えば、このリボッリータ(ribollita)

リボッリータとは “何度も煮込まれた” と言う意味のイタリア語でその名の通り、大量に作って何度も温め直しすほどに美味しくなる煮込み料理だ。

カーボロ・ネロ

カーボロネロ以外にこの料理に欠かせないのが、カンネリーニと言う白インゲン豆

このインゲン豆をペースト状にして加えることでとろみがついてとっても美味しくなる。

人によっては煮込んだ野菜も一緒にミキサーにかけることもあったりといろんなレシピが存在する。

白インゲン豆(カンネリーニ)

 

そしてもう一つよく使われるのがビエトレと言うイタリア野菜。

このビエトレ、日本ではスイスチャード(フダンソウ)と言われる野菜でほうれん草の仲間

ただほうれん草よりも甘味が強く香りも穏やかでくせがない。

とは言っても手に入らなければ、無くても大丈夫。

ビエトレ

 

よーく煮込まれたこのリボッリータ、イタリア人の大好きな食べ方がパンを浸して食べること。

野菜の旨味がギューっと詰まった美味しいスープをパンに染み込ませて食べる幸せと言ったら!

2日と言わず3日連続でも食べたい、とっても美味しいトスカーナのマンマの味だ。

 

ingredients (4人分)

  • カーボロネロ 500g
  • サボイキャベツ 150g
  • ビエトレ 300g
  • 玉ねぎ 1個
  • 人参 2本
  • ジャガイモ 2個
  • セロリ 3本
  • 白インゲン豆(乾燥) 250g
  • トマトピューレ 150㎖
  • タイム(あれば) 少々
  • EVオリーブオイル

 

how to cook

(下準備)

  • 白インゲン豆は一晩水に浸けておく
  • 玉ねぎはみじん切りに、その他の野菜は1㎝程度の大きさに切っておく

 

1)白インゲン豆を塩少々で柔らかくなるまで煮る。
2)豆の煮汁と豆の半量をブレンダ―にかける。残りの豆はとっておく。
3)玉ねぎ、人参、セロリ、タイムをオリーブオイルで軽く炒める。
4)サボイキャベツ、カーボロネロ、ジャガイモを加えてしんなりするまで炒める。
5)トマトピューレ、インゲン豆のスープ、塩、胡椒を加えて1時間半~2時間ほど弱火で煮込む。
6)火を止める15分ほど前に残りの白インゲン豆を加える。翌日に少量の水、もしくはブイヨンを加えて温め直し、パンを浸して召し上がれ!