カントゥッチ(トスカーナのビスコッティ)

イタリアでの大定番ドルチェでもあるカントゥッチ。

カントゥッチとは? どうやって作るの?

次から詳しく解説していきますね!

カントゥッチとは?

カントゥッチ(カントゥッチーニ)とはイタリアのトスカーナ地方の伝統菓子で、アーモンドなどのナッツを入れて焼いたクッキーのこと。

日本ではビスコッティという名で聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

ただ、ビスコッティとはイタリア語でビスケット、クッキーの総称なのでイタリアでビスコッティと言っても必ずしもこのカントゥッチを指すわけではないんです。

カントゥッチを美味しく作るコツは?

さて、このカントゥッチ、カチカチに固いものを想像されるかもしれないけど、このレシピはカリッとした食感の後は口の中でホロッと崩れる柔らかさがあるタイプ。

この食感をだすのにイタリアの伝統的なレシピでは膨らし粉としてベーキングパウダーではなく食用のアンモニア粉を使います。アンモニア粉を使うことで保存期間も長くなるという利点もあるんです。

ただし日本では食用アンモニア粉なるものは簡単には手に入らないと思うので、その場合はもちろんベーキングパウダーでも大丈夫。

難しそうに思われるこのカントゥッチ、作り方はとっても簡単で材料を次々と混ぜて焼くだけで出来てしまう。あのカリッとした食感を出すのにオーブンで二度焼くのがこのカントゥッチの一番の特徴。

アーモンドの代わりにピスタチオや他のナッツを入れても美味しいですよ。

カントゥッチの定番の食べ方は?

さてこのカントゥッチ、もちろんそのまま食べても美味しんですが、エスプレッソや甘いリキュールワインのヴィン・サントに浸けて食べるのがイタリア流。

甘いヴィン・サントが染みたカントゥッチ、これもまた美味しいんですよ!

カントゥッチの作り方

材料

  • 薄力粉 300g
  • 卵 2個
  • 砂糖 100g
  • アーモンド 100g
  • レモン(防腐剤のついていないもの) 1個
  • EVオリーブオイル  20ml
  • ベーキングパウダー 小さじ1(食用アンモニア粉 7g)

作り方

1)ボウルに卵を割り入れて砂糖とオリーブオイルを加えてフォーク等でよく混ぜる。

2)レモンの皮をすりおろして加える。

3)薄力粉とベーキングパウダーを合わせてボウルに少しずつ振るい入れる。フォークでかき混ぜながらある程度まとまるようになったら手で軽く捏ねるように混ぜる。

4)アーモンドを加えて手で軽く混ぜる。

5)オーブンシートをひいた天板に生地を5-6㎝幅の棒状にして並べ、180℃に予熱したオーブンで20分程度焼く。

6)一度オーブンから出し、1㎝程度の幅で包丁で押し切るようにカットする。

7)横に倒して並べ再度オーブンへ入れる。まず5分程度片面を焼き、裏返してさらに5分程度焼いたら出来上がり。