パプリカのペペロナータ

パプリカのペペロナータ

パプリカのペペロナータとは?

イタリアでのパプリカを使った定番料理の一つがこのペペロナータ(peperonata)。どんな料理かと言えばパプリカ、炒めた玉ねぎ、トマトを煮こんだ料理のことで、イタリア全土でよく見るパプリカの食べ方です。

家庭や地域によって少しずつバージョンは異なり、ワインビネガーを加えたり、バジルやオレガノなどのハーブを加えて香りづけしたりといろんなアレンジがあります。

 

ペペロナータの意味

パプリカはイタリア語でペペローネ(peperone)。ペペロナータとはずばり “たっぷりのパプリカを使った料理” 、“パプリカをいっぱい食べること”といった意味があります。

 

イタリアでのペペロナータの食べ方は?

肉料理や魚料理の付け合わせとしてや、チーズやパンとあわせて軽いランチにしたり、ブルスケッタにしたりといろいろな食べ方が出来ます。夏には軽く冷やして食べても美味しいですよ。

 




 

ペペロナータの作り方

材料(作りやすい分量)

  • パプリカ 4個(赤2個、黄色2個)
  • 玉ねぎ 1個
  • 完熟トマト 3個 (トマト缶やトマトピューレでも)
  • ニンニク 1辺
  • (あれば)パプリカパウダー 小さじ1ほど
  • オレガノ 少々
  • EVオリーブオイル 適量
  • 塩 少々

 

作り方

ペペロナータ peperonata
1)フライパンでみじん切りにした玉ねぎとニンニクをオリーブオイルで軽く炒める。
ペペロナータ peperonata
2)適当な大きさに切ったパプリカを加えて軽くまぜ、蓋をして15分ほど弱火煮る。※パプリカから水分が出ますが必要なら水を軽く足してください。
ペペロナータ peperonata
3)パプリカに火が通ったら適当な大きさに切ったトマト、オレガノ、パプリカパウダー(省略可ですがあるとより風味が増します)を加えて軽くまぜ、蓋をしてさらに20-30分ほど弱火で煮る。煮えたらそのまま軽くさまし、味が馴染んだら出来上がり! ※水分が多いようなら蓋をはずして煮て水分を軽く飛ばして下さい。

 

 

合わせて読みたい

パプリカの種類 peperone peperoni

イタリアではパプリカってどうやって食べてるの?イタリアのパプリカは日本のと違うの?

イタリアのパプリカについて詳しくはパプリカの美味しい食べ方とレシピ集のページに書いています。

パプリカを使ったイタリアでの定番から絶品レシピまで、いろんな食べ方を載せてます!