玉ねぎとじゃがいものミネストラ

玉ねぎとじゃがいものミネストラ

“玉ねぎとじゃがいも”、どこの家庭にも大抵あるもの。

でも意外とこの二つが料理の主役になることは少ない。

 

今日の一皿は脇役になりがちなこの二つの野菜が主役のミネストラ(野菜の煮物)。

玉ねぎから出る甘味がたっぷりのソースをパンを浸して食べるとそれだけでワインが進んでしまう。

 

こういう野菜だけの肉を使わない料理というのはイタリアではクチーナ・ポーヴェラ(cucina povera/質素な料理)と昔は言われていた。

でもシンプルな野菜料理というのはやっぱり美味しいし、優しい味わいがある。

 

 

保存野菜で出来るこの一皿。

あと一品欲しい時にもおすすめですよ。

 

 

 




 

 

ingredienti (4人分)

  • じゃがいも 3-4個
  • 玉ねぎ 2個
  • トマトピューレ 150ml (or 完熟トマトやトマト缶でもOK)
  • 赤パプリカ 1個(or パプリカパウダー 小さじ1程度)
  • 水 少々
  • EVオリーブオイル

 

how to cook

1) 玉ねぎはくし形に切る。フライパンにたっぷりのオリーブオイルを入れて玉ねぎを数分炒める。
2) トマトピューレと大き目に切ったパプリカを加える。(写真は乾燥スイートパプリカを使用)
3) 水コップ半量程度と塩を軽く加えて3-4分ほど煮る。
4) 皮をむいて厚めにスライスしたジャガイモを加える。ジャガイモの高さほどまで水を加えて蓋をして20-30分ほど、ジャガイモが柔らかくなるまで煮る。途中で必要ならば水をたす。出来上がり時にソースが残るように水を調整して下さい。