チコリ(アンディーブ)の香草パン粉焼き

チコリ(アンディーブ)の香草パン粉焼き

日本でも人気が出てきた野菜、チコリ(アンディーブ)。もちろんイタリアでもお馴染みの野菜だ。

今日の前菜はこのチコリを使った定番料理、グラティナータ(gratinata)。

グラティナータとは表面は香ばしく、その下は柔らかく仕上げる調理法のことで無理やり和訳するとグラタン。

ただ、日本語でイメージするグラタンよりももっとバラエティーの幅が広い。この香草パン粉焼きもグラティナータと呼ばれるうちの一つ。

 

さて、今日の一品、写真を見てすでにレシピが分かりそうなほど簡単。

チコリにパルメザンチーズ、オレガノ、紫玉ねぎ、パン粉をまぶしてオーブンで焼くだけ

チコリは生で食べても美味しいけれどこうしてグラティナータにするともっと美味しい。

オレガノの香りもチコリと相性抜群。

 

材料もシンプルで簡単に作れるので来客がある時の一皿にもピッタリ。

キリッと冷えたプロセッコや白ワインとももちろん高相性だ。

 

サラダやチコリボート以外のレシピをお探しならこんなグラティナータはいかがでしょうか?

 

 

ingredients (4人分)

  • チコリ  6個
  • パルメザンチーズ 30g
  • 紫玉ねぎ ¼個
  • ニンニク 1片
  • オレガノ 少々
  • パン粉 少々
  • EVオリーブオイル

 

how to cook

  1. チコリは縦4等分に切り、洗って水をよく切っておく。玉ねぎとニンニクはみじん切りにする。オーブンは200℃に予熱する
  2. 耐熱皿にチコリを並べ残りの材料を上から散らしてオリーブオイルを軽くかける。
  3. 200℃に予熱したオーブンで15分ほど焼いたら出来上がり。