バニェット・ヴェルデ(イタリアンパセリのソース)

バニェット・ヴェルデ(イタリアンパセリのソース)

バニェット・ヴェルデ(bagnet verd)とはイタリア、ピエモンテの方言で “緑のソース” という意味。

このソースの主な材料はイタリアンパセリ、アンチョビ、ワインビネガー、そしてパン。

北イタリア、ピエモンテ州でよく使われるソースで肉料理や野菜につけて食べると美味しい。

イタリアンパセリ
イタリアンパセリ
塩漬けのアンチョビ
塩漬けのアンチョビ

 

作り方はとても簡単で、パンをワインビネガーで浸した後、全ての材料をミキサーにかけるだけ。

このソース、一番典型的なピエモンテでの食べ方は上の写真のようにカルネ・ボッリータと呼ばれる茹でた肉類につける食べ方。ワインビネガーの酸味が肉料理とよく合う。

我が家ではブロード(ブイヨン)作りの際に使用した肉類にこのソースをつけて食べたりする。

もちろん、それ以外でもパンに塗ったりといろいろな使い方が出来る。

 

 

いつも料理にちょっと添えてみる。

いつもの料理がぐっと変化する。

バニェット・ヴェルデ、なかなかの名脇役だ。

 

 

 

ingredients (作りやすい分量)

  • イタリアンパセリ 100g(茎を除いた葉の部分の正味 50g )
  • パン 50g
  • ワインビネガー 50㎖
  • 塩漬けアンチョビ 2-3匹 (オイル漬けのものなら20gほど)
  • ニンニク 1片
  • オリーブオイル

 

how to cook

(下準備)

  • イタリアンパセリは水で洗い、茎を取り除く。
  • ニンニクは小さく切る。
1)パンを小さくちぎってワインビネガーで湿らせる。
2)塩漬けアンチョビは水で塩を洗い落として骨を取り除く。オイル漬けのものならそのまま使用して大丈夫です。
3)全ての材料を合わせてミキサーにかけて出来上がり。