ズッキーニ・トロンベッタ(トランペットズッキーニ)

ズッキーニ・トロンベッタ(トランペットズッキーニ)

ズッキーニ・トロンベッタとは?その味と特徴

ズッキーニ・トロンベッタとはカボチャの一種で成長するとその名のとおり下部がふくらんだトランペット(イタリア語でトロンベッタ)のような形のかぼちゃとなる。若い時に収穫されるものがズッキーニと同じように食され、40-50㎝程度の長い形状で普通のズッキーニよりも薄いライムグリーン色をしている。シンプルに “トロンベッタ” とも呼ばれる。

旬は他のズッキーニと同じように春から夏にかけて。普通の濃い緑色のズッキーニがイタリアでは一年中みかけるのに比べてこのトロンベッタは旬の時期のみ手に入れることが出来る。

イタリアではリグーリア州、特にアルベンガ(albenga)市周辺で主に生産されるため、”リグーリアのズッキーニ” と言う意味で別名ズッキーネ・リーグリ(zucchine liguri)とも呼ばれる。

味の特徴としては普通のズッキーニよりもほんの少しナッツやアボガドような香りがしてやや甘味がつよく、食感がよい。

普通のズッキーニに比べて加熱しても煮崩れしにくいのも特徴で炒め物などにすると美味しい。

 

ズッキーニ・トロンベッタの食べ方

通常は加熱調理し、普通のズッキーニと同じような食べ方が出来る。

種が下の膨らんだ部分に集中しているので気になるようであれば細く長い部分を使うとよい。ただし種も小さく柔らかいので普通に食べられます。

カリッとした食感が特徴なのスライスして炒め物にすると美味しい。

その他にもパスタにしたりといろいろな使い方が出来る。

 

ズッキーニ・トロンベッタを使ったレシピ

ズッキーニ・トロンベッタのパスタ

トロンベッタを使ったシンプル、簡単なパスタ。

とっても簡単で美味しい定番レシピ。

トロンベッタと豆腐のカレー炒め

カリッとした食感のトロンベッタは炒め物に最適。イタリアで定番の豆腐料理、カレー炒めにこのズッキーニ・トロンベッタを加えて食感も楽しく。