ズッキーニのオイル漬け(保存食)

ズッキーニのオイル漬け(保存食)

夏のイタリア野菜の代表格、ズッキーニ

もはや日本でもお馴染みとなったこの野菜、実はオイル漬けにして保存食にもなる。

ワインビネガーの酸味もついたこのズッキーニのオイル漬けはちょっとした前菜にもなるし、肉料理の付け合わせにもピッタリ。

または日本だったら焼肉の箸休め、サイドディッシュとしてもいける。

 

作り方はいたって簡単。塩でもんで水分を抜いたズッキーニをワインビネガーを加えた湯でさっと茹でるだけ。

あとはオリーブオイルと好みの香辛料やハーブとともに瓶に詰める。

今回はミント、ニンニク、粒胡椒で香りづけをしたけれど、他にもローリエやローズマリー、オレガノなどのハーブでも美味しく出来る。

少し注意してほしい点は、瓶詰めしたズッキーニが完全にオリーブオイルに浸かるようにすること。

オイルに浸かり、空気に触れないようにすることで腐敗を防ぎ、長期保存が可能となる。

 

夏の野菜のズッキーニ。

夏の終わりにこうしてオイル漬けにし、長く楽しんではいかがでしょうか?。

 

 




 

ingredients (作りやすい分量)

  • ズッキーニ 1㎏ (約8-10本)
  • 白ワインビネガー 300㎖
  • 水 500㎖
  • 塩 大さじ1+ 小さじ1
  • ニンニク 5-6片
  • ミント 少々
  • 粒胡椒 少々
  • EVオリーブオイル 約500㎖

 

how to cook

(1)ズッキーニを3㎝程度のスティック状にカットし、大さじ1の塩をかけて軽くもむ。そのまま30分-1時間程度おき、ズッキーニの水分を抜く。
(2)ズッキーニから出た水分を捨て、手でギュッと絞る。
(3)鍋に水、ワインビネガー、塩小さじ1を入れ、火にかける。沸騰したらズッキーニを入れて3-5分茹でる。
(4)湯を切ってそのまま冷ます。
(5)キッチンペーパーで水気をよく拭き取る。
(6)煮沸消毒した瓶にズッキーニ、ミント、ニンニク、粒胡椒を入れ、オリーブオイルをズッキーニが完全に浸かるように入れる。きっちりと蓋を閉め、2-3週間おいたら味が馴染んでから召し上がれ!常温保存で半年ほど持ちます。

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください