トルタ・ディ・ノッチョーレ

トルタ・ディ・ノッチョーレ

我が家では基本的にお菓子は私の担当。

だが何を思ったか先日、夫が突然ピエモンテ名物のトルタ・ディ・ノッチョーレを焼いてくれた。

 

トルタ・ディ・ノッチョーレとはヘーゼルナッツのケーキの事で伝統的なレシピは小麦粉を使わずヘーゼルナッツパウダーのみで焼いたもの。ピエモンテの中でもランゲ地区やモンフェラート地区はとくにヘーゼルナッツの産地で有名でこの地区のケーキ屋さんのショーウインドーには必ずこのケーキが置いてある。

またイタリア土産として喜ばれるピエモンテ名物のチョコレート ”ジャンドゥイヨット(giandujotto)” もヘーゼルナッツのクリームが使われているし、ピエモンテと言えばのバーニャ・カウダにも元々はヘーゼルナッツのオイルが使われていたそうだ。

 

とにかくピエモンテではヘーゼルナッツがいろいろなところで登場する。

 

このケーキ、よく見かけるのはカカオを入れないタイプだけれど今回はカカオパウダーを入れたバージョンで焼いてくれた。

 

冒頭に “突然” 焼いてくれた、と書いたけれど実はピエモンテを訪れた際に買ったヘーゼルナッツが余っていて、さぁこれで何を作ろう? と話していたから(ピエモンテのグルメ旅についてはこちら)

 

まずはヘーゼルナッツをフードプロセッサーにかけて粉状にすることからスタート。

卵の泡立ては私にヘルプコールが来たけれどそれ以外の工程は全て夫が担当。

 

普段から「お菓子は出来ない」宣言をしていた夫なのにとっても美味しものが焼けた。

我が家の味の番人も口いっぱいに頬張って美味しそうに食べている。

 

 

 

なんだ、やれば出来るんじゃないか。

 

 

 

ingredients

  • ヘーゼルナッツ 150 g
  • 卵 3個
  • ブラウンシュガー 100 g
  • バター 30 g
  • カカオパウダー(砂糖含まないもの) 大さじ1
  • ベーキングパウダー 大さじ1

 

how to cook

  1. ヘーゼルナッツを砂糖の半量とともにフードプロセッサーにかける。卵は卵黄と卵白にわけてボウルに入れておく。オーブンは170℃に予熱しておく。
  2. 卵黄に残りの砂糖を加えてもったりするまで泡立てる。
  3. 粉状にしたヘーゼルナッツとカカオパウダー、溶かしバター、ベーキングパウダーを加えて混ぜ合わせる。
  4. 卵白を角がたつまで泡立て、3と混ぜ合わせる。
  5. バター(分量外)を塗った型に流しいれ、170℃のオーブンで35分焼く。焼きあがったら型から外し、粗熱がとれたら出来上がり。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください