サルティンボッカ

サルティンボッカ

ローマのあるラツィオ州の郷土料理として有名なのがこのサルティンボッカ

サルティンボッカ(saltimbocca)とは “口に放り込む” という意味でその名の通りパッと作れて口に飛び込んでくるように美味しい料理。

作り方は至って簡単で仔牛肉と生ハム、セージの葉を重ねて焼くだけ。

本場ローマでは仔牛肉を使うのが主流だけれど無ければ豚肉や鶏肉でも代用できる。ただ、どの肉にせよ脂身の少ない部位を使うといい

とっても簡単なサルティンボッカ、でも注意してほしいのは塩加減。生ハムからかなり塩分が出てくるので下味の塩はいらない。もしくは生ハムを乗せない面に軽くかけるだけで大丈夫。

そしてもう一つのポイントは生ハムを乗せる面に火を通し過ぎないこと

そうして両面を上手く焼いた後はフライパンに残ったソースをトロリと煮詰めて上からかける。

 

ローマを訪れたら必ず食べるであろうサルティンボッカ。

でも実は、家庭でも簡単に出来ちゃうんですよ。

 

 

 

ingredients (2人分)

  • 仔牛肉 (or 豚肉) 250g
  • 生ハム 50g
  • セージの葉 少々
  • バター 30g
  • 白ワイン 70㎖

 

how to cook

1)仔牛肉、生ハム、セージの葉の順に重ねて楊枝で止める。塩は片面のみに軽くふる。もしくはふらなくてもOK。
2)バターを溶かしたフライパンで生ハムとセージの無い面を焼く。
3)白ワインを加えて強火にし、肉を裏返す。生ハムとセージの面はさっと軽く焼く程度にする。焼けたらお皿にもってフライパンに残ったソースを軽く煮詰めて肉の上にかける。