サルティンボッカ

サルティンボッカ

サルティンボッカとは?

サルティンボッカ(saltimbocca)とはローマのあるラツィオ州の郷土料理で、仔牛肉と生ハム、セージの葉を重ねて焼いたものサルティンボッカとは “口に放り込む、飛び込んでくる” という意味でその名の通りパッと作れて口に飛び込んでくるように美味しい料理です。

本場ローマでは仔牛肉を使うのが主流ですが無ければ豚肉や鶏肉でも代用できます。ただ、どの肉にせよ脂身の少ない部位を使うのがおすすめ。

 

サルティンボッカを美味しく作るコツ

肉、生ハム、セージを重ねて焼くだけのとっても簡単なサルティンボッカ、でも注意してほしいのは塩加減。生ハムからかなり塩分が出てくるので下味の塩はいりません。もしくは生ハムを乗せない面に軽くかけるだけで大丈夫。

そしてもう一つのポイントは生ハムを乗せる面に火を通し過ぎないこと

そうして両面を上手く焼いた後はフライパンに残ったソースをトロリと煮詰めて上からかけるだけ。

 

 

ローマの郷土料理として有名なこのサルティンボッカ。

意外にも家で簡単に作れるこの一品、悠久の歴史を誇るあのローマの景色を思い出しながら食べるとより一層美味しくなること間違いなしですよ!

 

 

合わせて読みたい
ローマ風カルボナーラ
このサルティンボッカと合わせて食べたい、本場ローマ風カルボナーラの作り方のページです。

とろりと絡む卵とチーズがたまらないこのパスタ、とっても簡単で失敗しらずのレシピなので、ぜひこのサルティンボッカと共に味わってみては?

 

 

サルティンボッカの作り方

材料 (2-3人分)

  • 薄切り仔牛肉 (or 豚肉) 250g
  • 生ハム 50g
  • セージの葉 少々
  • バター 30g
  • 白ワイン 70㎖

 

作り方

1)仔牛肉、生ハム、セージの葉の順に重ねて楊枝で止める。塩は片面のみに軽くふる。もしくはふらなくてもOK。※肉に厚みがある場合はクッキングペーパーで肉を挟み、すり棒や小さ目のフライパン等で叩いて薄くすると柔らかく仕上がります。
2)バターを溶かしたフライパンで生ハムとセージの無い面を焼く。
3)白ワインを加えて強火にし、肉を裏返す。生ハムとセージの面はさっと軽く焼く程度にする。焼けたらお皿にもってフライパンに残ったソースを軽く煮詰めて肉の上にかける。