サボイキャベツ(ちりめんキャベツ)のキッシュ

サボイキャベツ(ちりめんキャベツ)のキッシュ

イタリアで冬の訪れとともに出回るサボイキャベツ。

煮込んだり、中の柔らかい部分は生でサラダにして食べたりといろいろな食べ方がある。

このサボイキャベツを使った我が家の定番レシピはこのキッシュ。

さっと湯通しした葉をパイ生地代わりにして、中にスカモルツァチーズやポロ葱、北イタリア、チロル地方のスペックと呼ばれる燻製された生ハムなどをたっぷりと入れる。もちろんそれらが手に入らなければ好みのチーズや他の具材に変えてもいい。

コツとしてはサボイキャベツの外側の少し硬い大きな葉の部分を使うので葉がパリッとなるまでしっかりと焼くと美味しくできる。

鮮やかな緑にスペックの色が映えて、とても美しい。焼いてしまうのがもったいないといつも作りながら思うけれど当然焼いた方が美味しいので写真を撮ってオーブンへ。実は上の写真は出来上がりではなく、オーブンに入れる前のもの。

出来上がりはこのような感じ。

焼きあがったキッシュ

葉に少し焦げ目が入るまで焼きあがったキッシュを熱々のうちにいただく。

木枯らしが吹き荒れたミラノの夜にアツ!アツ!と言いながら頬張るキッシュ、冬の訪れを感じる夜だった。

 

ingredients (直径約30㎝のパイ型)

  • サボイキャベツの葉 8枚ほど
  • ポロ葱 2本
  • スペック(無ければベーコン) 70g
  • ジャガイモ 1個
  • スカモルツァチーズ(無ければ好みのチーズ) 100g
  • パルミジャーノ 30g
  • 卵 4個
  • 牛乳 150㎖
  • 塩 少々
  • コショウ 少々

 

preparation

1)ポロ葱はよく洗い小口切りに、ジャガイモは皮を剥いて縦半分に切り薄くスライスする。フライパンに油を引き(分量外)、ポロ葱とジャガイモがしんなりとするまで中火で炒める。
2)スペック(もしくはベーコン)を加えてさらに炒め、コショウで味を調える。(スペックやベーコンから塩分が出るので塩は控えめ、もしくは入れなくてもよい)
3)サボイキャベツの葉を洗って芯の部分を取り除いたものを軽く湯通しし、水分をよくきった後にパイ型に広げる。
4)2の具をキャベツの葉を広げたパイ型に入れ、細かく切ったスカモルツァチーズを散らす。
5)卵、牛乳、パルミジャーノ、塩少々を混ぜた液を4に流しいれ、キャベツの葉で覆うように蓋をし、180℃に熱したオーブンで35~40分ほど焼く。

 






1 thought on “サボイキャベツ(ちりめんキャベツ)のキッシュ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください