丸パプリカとツナのリピエノ

丸パプリカとツナのリピエノ

今日はちょっと珍しいパプリカのご紹介。

見た目はミニトマトのようなこのパプリカはイタリア半島、ブーツのつま先カラブリア州のパプリカ。

このパプリカは水分が少なく実がぎゅっとしまっているので加熱後も形が崩れにくいのが特徴。なのでこういった詰め物をする料理(イタリア語でリピエノ)にはもってこいな品種です。

 

peperoncini ripieni
直径4㎝ほどの丸パプリカ

 

今回使ったのこのパプリカは少し辛みのあるタイプで、さっと茹でてからこうして詰め物をして前菜のように食べるのが美味しい。

詰め物はツナマヨだけだと少し味がぼやけるので、今回はケイパーとアンチョビをアクセントに。

またイタリアではこうして詰め物をした小さなパプリカをオイル漬けにして保存食にしたりもします。※オイル漬けにする場合はマヨネーズ無しにして下さい。

 

 

日本ではなかなかお目にかかれないこのパプリカ。

イタリアではこんな食べ方をするんですよ。

 

 




 

ingredients

  • 丸パプリカ(直径3-4㎝ほどのもの) 12個
  • ツナ缶 150g
  • オイル漬けのアンチョビ 3-4切れ
  • ケイパー 10粒ほど
  • マヨネーズ 大さじ2
  • 塩 少々

how to cook

peperoncini ripieni
1)パプリカは上部を切り落として中身をスプーン等でくり抜く。
peperoncini ripieni
2)沸騰した湯に塩少々を加えてパプリカを7-8分ほど茹でる。
peperoncini ripieni
3)茹でたパプリカは頭を下にしてキッチンペーパーの上に並べて完全に冷ます。
peperoncini ripieni
4)油を切ったツナ、ケイパー、アンチョビ、マヨネーズをよく混ぜてパプリカに詰めたら出来上がり!上からイタリアンパセリやオリーブオイルをさっとかけても美味しいです。

 

合わせて読みたい

パプリカの種類 peperone peperoni

イタリアではパプリカってどうやって食べてるの?イタリアのパプリカは日本のと違うの?

イタリアのパプリカについて詳しくはパプリカの美味しい食べ方とレシピ集のページに書いています。

パプリカを使ったイタリアでの定番から絶品レシピまで、いろんな食べ方を載せてます!