ククッツァ・ロンガ(ロングズッキーニ)のミネストラ

ククッツァ・ロンガ(ロングズッキーニ)のミネストラ

今日の主役はシチリアのズッキーニ、ククッツァ・ロンガ (cucuzza longa)

ズッキーニと言っても普通のズッキーニを想像してはいけない。

ズッキーニ・ルンガ(ロングズッキーニ)とも呼ばれるように、その長さはなんと1mを超えるものもある。

ククッツァ・ロンガ(ロングズッキーニ)

 

シチリア、特にパレルモ周辺や南イタリアでのみ見られる野菜で中部、北イタリアではこのズッキーニのことを知っている人はほとんどいない。

味も食感も普通のズッキーニと少し異なり、ほんの少し冬瓜のような味がする。

このククッツァの一番スタンダードな食べ方はトマトやジャガイモ等と煮込んだミネストラ。

 

今日のこの一皿はプーリア州出身の友人のマンマがよく作っていたもの。

それを再現してみた。

 

ククッツァの食べ方は中心部を取り除いて適当な大きさに切ってから調理をする(皮は食べられます)

先端の細い部分でとくに中心部のワタや種が気にならなければ取り除かなくてもOK。

後は他の材料とコトコトと煮込むだけ。

シンプルなのに美味しい、いかにも南イタリアの料理だ。

 

日本ではまずお目にかかれないこのククッツァ。

シチリアを旅する際はメルカートで探してみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

ingredients (4人分)

  • ククッツァ 1本 (50㎝程度のものなら2本)
  • ジャガイモ 3個
  • サヤインゲン 300g
  • 赤パプリカ 1個
  • 完熟トマト 2個(or トマトピューレ 200ml)
  • ニンニク1片
  • バジルの葉 数枚
  • 水 150㎖ほど
  • EVオリーブオイル

how to cook

  1. ククッツァは端の細い部分は1㎝程度の輪切りにする。太い部分は中央の種の部分を取り除いて4㎝程度の長さに切る。ジャガイモは皮を剥き1㎝程度の厚さに切る。赤パプリカはひと口に切る。
  2. サヤインゲンは両端を切り落とし、軽く塩ゆでする。茹でたら湯を切っておく。
  3. フライパンに皮を剥いた完熟トマトを適当な大きさに切って入れる。たっぷりのオリーブオイルとニンニク、バジルの葉も加え軽く炒める。
  4. ククッツァ、ジャガイモ、サヤインゲン、赤パプリカ、水、を加えて30-40ほど弱火で時々かき混ぜながら煮込む。ある程度煮込んだら塩で味を調える。
  5. 出来上がったら軽く10分ほど休ませて味が馴染んでから召し上がれ!