トマトとキュウリの地中海風クスクス

トマトとキュウリの地中海風クスクス

春から夏にかけて食べたくなるクスクスのサラダが今日の一皿。

クスクスとはアフリカ北部やシチリア、地中海沿岸の地域でよく食されるそぼろ状の小さなパスタ。

通常のパスタとの違いは茹でるのではなく、熱湯でふやかして作ること。

クスクス
クスクス(cous cous)

 

そしてクスクスに和えるのはシンプルにトマトとキュウリ、オリーブ、チーズをたっぷりのオリーブオイルでマリネしたもの

そこへ爽やかな香りをプラスするミント、味のアクセントになるケイパーも加えよう。

地中海料理には欠かせないニンニクでの香りづけも忘れずに。

 

この一品、上の写真のようにサーブしてもいいし、混ぜ合わせてタッパーに詰めれば行楽シーズンのお弁当にもなる(実際に我が家ではこのクスクスがトレッキング弁当の定番)。

その他にも、器に移してすぐに食べられるので、持ち寄りパーティーなんかにもピッタリだ。

 

クスクス
持ち寄りパーティーやお弁当にもピッタリ

 

材料を切って和えるだけのこのとっても簡単なクスクスの一皿。

新たなお弁当のメニューとしてもいかがでしょうか?

 

 

ingredients (3-4人分)

  • クスクス 300g
  • ミニトマト 12-15個ほど
  • キュウリ 2本
  • オリーブ 15個ほど
  • ケッパー 15粒ほど
  • 好みのチーズ 150g
  • ミントの葉 数枚
  • ニンニク 3-4片
  • EVオリーブオイル

how to cook

1)クスクスの1.5倍ほどの量の水を鍋で沸かし、塩少々を加える。沸騰したら火をとめ、クスクスをふり入れて蓋をし、10分ほどふやかす。
2)クスクスが出来上がったら軽く混ぜて粗熱をとっておく。
3)クスクス以外の全ての材料を小さくカットし、たっぷりのオリーブオイル、塩でよく混ぜ合わせて味を馴染ませる。クスクスが冷めたら混ぜ合わせて出来上がり。※ニンニクは各片を2等分ほどにカットし、味が馴染んだら取り除く。

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください