うずら豆のトマト煮込み トスカーナ風

うずら豆のトマト煮込み トスカーナ風

今日の主役はうずら豆

うずら豆はイタリア語でボルロッティ(borlotti)と呼ばれるインゲン豆の一種で名前のとおりウズラの卵のようなまだら模様をしている。イタリアでは豆類の中では定番の一つで家庭料理にもよく使われている。

このまだら模様、調理すると消えてしまうので出来上がったものを見るとうずら豆の名前にピンとこないが調理する前の豆やフレッシュなもののサヤを見ると、なるほど、と思う。

ボルロッティ豆(borlotti / うずら豆)

 

さて、夏になるとこのうずら豆はフレッシュなものがメルカートに出回るのでこれを使ってトスカーナの伝統料理ファジョーリ・アルッチェレット(fagioli all’uccelletto)を作ってみた。生なので水で戻す必要もないし短時間で調理できるのもうれしい。この料理、一般的には白インゲン豆を使うのだけれどこのうずら豆を使っても美味しい。

この料理はサルビア(セージ)を使って香りづけするのが特徴で後は豆をトマトソースで煮込むだけ。簡単なのになぜかとっても美味しいし、豆の煮込む料理というのはどこかホッとする味がする。

 

新鮮な豆を使ってもいいし、もちろん乾燥豆を水煮しても同じように出来る。

レストランで食べる料理というよりもイタリアの普通の家庭の食卓で出される料理。

日本でも簡単に作れるので豆料理のレシピの一つにいかがでしょうか?

 

ingredients (4人分)

  • うずら豆(生のもの、もしくは水煮したもの) 500g
  • トマトピューレ 600㎖
  • ニンニク 2片
  • サルビアの葉 数枚
  • EVオリーブオイル
  • 胡椒

how to cook

  1. 生のうずら豆は水で洗い30分ほど塩ゆでする。ニンニクはみじん切りにする。
  2. 鍋にオリーブオイルをたっぷりと入れてニンニクとサルビアを弱火で軽く炒める。
  3. トマトピューレと塩少々を加えて10分ほど煮る。
  4. 豆を加えて30分ほど弱火で時々かき混ぜながら煮る。
  5. 豆が柔らかく煮えたら塩、胡椒で味を調えて出来上がり。少し冷まして味が馴染んでから召し上がれ!