蛸とセロリのカルパッチョ

蛸(タコ)とセロリのカルパッチョ CARPACIO DI POLPO INSALATA DI POLPO

イタリアでも、日本でも蛸の好きな人は多いと思う。

今日の一皿は蛸で作るとっても美味しいカルパッチョ。

カルパッチョと言っても生蛸ではなく、茹蛸で作るもの。イタリアでは蛸は日本のように茹でたものではなく、生だこで丸ごと一匹売っているのが基本。

生だこと言っても内臓等は取り除かれて下処理はされているので、今回は蛸を茹でるところからスタートのレシピです。

イタリアでの蛸のゆで方は弱火で長時間煮るのが特徴。このやり方だと噛んだ時にすっと嚙み切れる柔らかさになります。

が、

カルパッチョには柔らかくも少しコリっとした歯ごたえを感じるタコが好きなので、今回は日本式に短時間で茹でるやり方にしました。(短時間で茹でる方が蛸のうま味も強く感じます)

もちろん、簡単に作りたければ茹で蛸を買ってくればOK。

蛸が茹でれたら、セロリ、紫玉ねぎ、ルッコラ、黒オリーブ等をみじん切りにしたソースでマリネするだけ。

こんなに簡単なのに、つまみ出したら止まらない絶品タコ料理の出来上がり!

もちろん、

白ワインが進んじゃうこと間違いなしですよ!




タコのカルパッチョの作り方

材料

  • 生蛸 1㎏程度のもの1匹 (下処理済のものを一度冷凍し、解凍する)茹で蛸でもOK
  • 酢 大さじ1
  • ローリエの葉 数枚

※蛸は実際に使ったのはこの半量です。1匹丸ごと茹でて残り半量は冷蔵庫で保存して数日後に別の料理にしまいした。

カルパッチョのソース用

  • セロリ 1本
  • 紫玉ねぎ 1㎝ほどの輪切りくらいの量
  • ルッコラ 一つかみ(無ければカイワレ大根)
  • ブラックオリーブ 10粒ほど
  • レモン汁 1個分
  • EVオリーブオイル 100mlほど
  • 塩 少々
  • ローズペッパー 少々

作り方

1)蛸が半分ほど浸かる水とローリエの葉を鍋に入れて沸騰させる。沸騰したらお酢を加える。

蛸(タコ)とセロリのカルパッチョ CARPACIO DI POLPO INSALATA DI POLPO

2)水で丁寧に洗った蛸を足先から湯につけて引き揚げるを3-4回繰り返したら全体を浸ける。※こうして蛸を茹でる時に酢とローリエで香りづけすると美味しいですよ。

蛸(タコ)とセロリのカルパッチョ CARPACIO DI POLPO INSALATA DI POLPO

3)蓋をして火加減を中火に落としてそのまま4分程度茹でる。蛸の上下をひっくり返してまた蓋をし、さらに4分ほど茹でる。

蛸(タコ)とセロリのカルパッチョ CARPACIO DI POLPO INSALATA DI POLPO

4)茹でれたら湯からザルにあげてそのまま冷ます。冷めたら出来るだけ薄くスライスする。

蛸(タコ)とセロリのカルパッチョ CARPACIO DI POLPO INSALATA DI POLPO

5)セロリと玉葱はみじん切りに、ルッコラは手で適当な大きさにちぎる。黒オリーブは小さく切るか輪切りに。ソースの材料をすべて混ぜ合わせてスライスした蛸にかけて混ぜ合わせ、しばらく馴染ませたら出来上がり!オリーブオイルはお皿のサイズに合わせてなみなみと注いでくださいね!




おすすめ記事