ブロッコロ・フィオラーロ

ブロッコロ・フィオラーロ

ブロッコロ・フィオラーロとは?

ブロッコロ・フィオラーロとは正式には ”ブロッコロ・フィオラーロ・ディ・クレアッツォ (broccolo fiolaro di Creazzo)” という名のブロッコリーの一種

クレアッツォとは産地のヴェネト州、ヴィチェンツァ県クレアッツォのことで、イタリアでもこのブロッコリーが栽培されるのはこの地域のみ。そのため流通量が少なく、イタリアでも珍しい野菜の一つ。またフィオラーロとはヴェネト州の方言で新芽、子株のことをフィオーイ(fioi/子供)と呼ぶことからついた名前。

ブロッコリーの新しい品種かと思われるかもしれないが実は古代ローマ人も食していた歴史の古い野菜。

一般的なブロッコリーは花蕾の部分と茎が可食部となるがこのブロッコロ・フィオラーロは固い外葉を除き、中心部の柔らかい葉が食される。

旬は11月から2月頃で特に霜が降りてから収穫されたものは甘味がつよく、柔らかいとされる。

 

味の特徴は一般的なブロッコリーよりも甘味が強く、独特の繊細な香りがする

ビタミン、マグネシウム、カリウム、カルシウムが豊富で抗酸化作用の高い食材でもある。

 

ブロッコロ・フィオラーロの調理方法

外側の固い葉を除いたら、さっと茹でてからフライパンでニンニクとオリーブオイルで炒めて食べるのが定番の食べ方。(ただし市場に出回る分はすでに外葉が取り除かれていることが多い。)

その他にもリゾットやパスタにも使える。

中心部の柔らかい新芽の部分は下茹でせずにそのままフライパンで調理しても食べられる。

 

ブロッコロ・フィオラーロを使ったレシピ

ブロッコロ・フィオラーロのストゥファート

柔らかいブロッコロ・フィオラーロを下茹でせずにフライパンでそのまま調理した一品。下茹でしていないので甘味、味ともギュッと濃縮されて美味しい。よく通っている八百屋さんに教えてもらったレシピ。