レンズ豆のスープ

レンズ豆のスープ

日本のおせちには子孫繁栄などいろいろと意味があるようにイタリアでもこのレンズ豆のスープには金運がよくなるという意味がある。そういわれてみればレンズ豆はコインにも見えるし、数の多さは豊かさを表すというのはなるほどどこの国でも共通のものだ。スープと言っても水分は少なくレンズ豆の煮込み、といった方がいいかもしれない。でもイタリア語ではレンズ豆のスープ(ズッパ・ディ・レンティッキエ/zuppa di lenticchie)と呼ばれるのでここでもスープとしよう。

ではこのスープはいつ食べられるのかというと大晦日の夜。イタリアでは一年のうちで一番重要な日はもちろんクリスマスだけれど新年もお祝いをする。大晦日の夜、このレンズ豆を食べた後にカウントダウンをし新年があければスパークリングワインを開けてお祝いするのが我が家でも毎年の恒例行事。そしてそれと同時に家の外では花火や爆竹がいろんなところで打ち上げられるなかなか騒々しい年明けだ。

そしてこのレンズ豆と共にもう一つイタリアで大晦日に食べるものにコテキーノがある。コテキーノとは豚肉の薄皮詰めで大きなサラミのようなもの。昔は「豚には捨てる部分はない」と言われていた通り食べ物を大事にして全ての部位を余すことなく使っていた。そしてこのコテキーノには料理には使えずに捨てられてしまうような脂身の部分が詰められている。なので脂分がたっ~ぷり。実は私はこれが大の苦手。何度か挑戦したけれどひと口食べていつもギブアップとなる。

さて、話はレンズ豆に戻り、このスープは大晦日のみならずイタリアでは寒い冬にあったまる一皿としてよく食べられる。一般的な豆類とことなり一晩水につけておく必要がないのですぐに調理できるのも便利。

この冬、イタリア風に金運UPの願いをレンズ豆のスープに込めてみるというのはいかがだろうか。

 

ingredients (4人分)

  • レンズ豆 350g
  • 人参 1本
  • セロリ 1本
  • 玉ねぎ ¹⁄3個
  • トマトのパッサータ 100㎖ (もしくはトマト缶 ½缶)
  • ニンニク 1片
  • ローズマリー 少々
  • EVオリーブオイル 適量

how to cook

  1. レンズ豆を水で洗い、水を切っておく。玉ねぎ、人参、セロリ、ニンニクは全てみじん切りに、ローズマリーも茎から葉を取り小さくきる。
  2. 鍋にオリーブオイルをひき、1で切った野菜を全て入れて弱火で数分炒める。
  3. 洗ったレンズ豆とトマトのパッサータを加え、塩とたっぷりの水を入れて30分ほど煮る。
  4. 汁気が少なくなったら出来上がり。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください