レンズ豆のスープ

レンズ豆のスープ

日本ではあまり馴染みがないけれど、イタリアではとてもポピュラーな食材がこのレンズ豆。イタリア語ではレンティッキエと呼ばれ、一般的な豆類とことなり一晩水につけておく必要がないのですぐに調理できるのも便利。

5mm程度の小さな円形の豆でこうしてスープにして食べるのがイタリアでの一番定番な食べ方。スープと言っても水分は少なくレンズ豆の煮込み、といった方がいいかもしれない。でもイタリア語ではレンズ豆のスープ(ズッパ・ディ・レンティッキエ/zuppa di lenticchie)と呼ばれるのでここでもスープとしよう。

 

レンズ豆 lenticchie
レンズ豆 (lenticchie)

 

このレンズ豆のスープは秋冬の寒い時期を中心に一年中食べられるのだけど、イタリアでは特に大晦日に食べるのが定番。

日本のおせちには子孫繁栄などいろいろと意味があるようにイタリアでもこのレンズ豆のスープには金運がよくなる、幸運を呼ぶという意味がある。そういわれてみればレンズ豆はコインにも見えるし、数の多さは豊かさを表すというのはなるほどどこの国でも共通のものだ。

イタリアでは一年のうちで一番重要な日はもちろんクリスマスだけれど新年もお祝いをする。大晦日の夜、このレンズ豆を食べた後にカウントダウンをし新年があければスパークリングワインを開けてお祝いするのがイタリアでの典型的な新年のスタイル。そしてそれと同時に家の外では花火や爆竹がいろんなところで打ち上げられるなかなか騒々しい年明けだ。

 

この冬、イタリア風に幸福祈願をレンズ豆のスープに込めてみる。

 

そんな新年はいかがでしょうか?

 




 

ingredients (4人分)

  • レンズ豆 350g
  • 人参 1本
  • セロリ 1本
  • 玉ねぎ ¹⁄2個
  • ニンニク 1片
  • ローズマリー 少々
  • ローリエの葉 2枚ほど
  • 水 約700-800㎖
  • EVオリーブオイル 適量
  • 塩 少々

 

how to cook

レンズ豆のスープ zuppa di lenticchie
1) レンズ豆を水で洗い、水を切っておく。たまに小石が混ざってることもあるのでここで取り除いて下さい。
レンズ豆のスープ zuppa di lenticchie
2)玉ねぎ、セロリ、人参、ニンニクをみじん切りにする。みじん切りにした野菜とローズマリー、ローリエの葉をたっぷりのオリーブオイルで弱火で玉ねぎに透明感が出るまでじっくりと炒める。※こうして香味野菜をじっくり炒めて煮ることで、顆粒コンソメなどを使わなくても自然で美味しいスープとなります。
レンズ豆のスープ zuppa di lenticchie
3)洗ったレンズ豆を加える。
レンズ豆のスープ zuppa di lenticchie
4)水を700㎖ほど(具材がしっかりと浸かる量)と塩少々を入れて弱火で40分ほど煮る。※慌てず、あせらず、じっくりと煮ることで豆が柔らかくなり野菜の旨みも引き出してぐっと美味しくなりますよ。
レンズ豆のスープ zuppa di lenticchie
5)レンズ豆がスープを吸って柔らかくなり、このくらいの水分量になるまでじっくりと煮えたら塩で味を調えて出来上がり!仕上げにさらにオリーブオイルを一回しかけると美味しいですよ。

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください