焼き茄子とルッコラのアンチョビソース和え

YAKINASU (MELANZANE ARROSTO) E RUCOLA CON LA SALSA DI ACCIUGHE 焼き茄子とルッコラのアンチョビソースかけ

日本の夏の食卓ではお馴染みの焼き茄子。

その焼き茄子をワインに合うようにちょっとアレンジしてみたのが今日の一品。

 

焼き茄子自体の作り方はそのままで、かけるソースをアンチョビ、ニンニク、オリーブオイル、ワインビネガーで作ってみた。そしてこのソースに加えるのは焼き茄子の汁。 

焼き茄子の汁にはうま味、甘味、そして香りが詰まったとっても美味しい調味料。これを捨ててはもったいない。焼き茄子の汁もソースに混ぜ込むことでぐんと味がまろやかにまとまります。

 

そして辛味のアクセントとさっぱり感をプラスするのに加えるのはルッコラ

 

ちょっとワインが飲みたくなる。

 

そんな焼き茄子アレンジです。

材料 (2-4人分)

  • 長茄子 3本
  • ルッコラ 少々
  • オイル漬けアンチョビ 20gほど
  • EVオリーブオイル 大さじ1
  • 白ワインビネガー 大さじ½
  • ニンニク 1辺

作り方

焼き茄子のアンチョビソースかけ yakinasu (melanzane arrosto) e rucola con la salsa di acciughe

1)荒く刻んだアンチョビ、1辺を3等分ほどにしたニンニク、オリーブオイル、ワインビネガーをよく混ぜ合わせる。そのままニンニクの香りがつくように置いておく。※ニンニクは食べる直前に取り除く。

焼き茄子のアンチョビソースかけ yakinasu (melanzane arrosto) e rucola con la salsa di acciughe

2)ナスはヘタの部分にぐるりと包丁で切れ目を入れてヘタの先を落としてからグリルパンや焼き網に置いてから火をつける。中~高温で茄子を時々回しながら全面真っ黒になるまで10-12分ほど焼く。※焼き時間は茄子の大きさによって調整してください。魚焼きグリルやトースターで焼いても簡単です。

焼き茄子のアンチョビソースかけ yakinasu (melanzane arrosto) e rucola con la salsa di acciughe

3)焼けたら皮をむく。水で冷やすと水っぽくなってしまうので焼けどに注意しながら剝いてください。※熱いので写真のようにヘタの部分をもって皮をむくとやりやすいです。私は皮をむく手を冷水で冷やしながらやります。

焼き茄子のアンチョビソースかけ yakinasu (melanzane arrosto) e rucola con la salsa di acciughe

4)焼き茄子から出た汁を1のソースに加えてよく混ぜる。焼き茄子の汁は香りやうま味が詰まっています。捨てずに利用してください。

焼き茄子のアンチョビソースかけ yakinasu (melanzane arrosto) e rucola con la salsa di acciughe

5)焼き茄子は食べやすい大きさに切る。茄子とルッコラをお皿に盛り、アンチョビソースを上からかける。軽く全体を混ぜて召し上がれ!

合わせて読みたい
アンチョビのオイル漬け
オイル漬けのアンチョビ

アンチョビってどうやって料理に使うの?

余ったアンチョビの利用方法はアンチョビの美味しい食べ方とレシピ集のページに書いています。

シンプルなアンチョビパスタのレシピもありますよ!

おすすめ記事