イカとポテトとグリーンピースのトマト煮

イカのトマト煮 seppie patate e piselli

イタリア料理では肉料理にはもちろん、魚料理にも実によくトマトソースを使う。

本日の一皿はイカとポテトとグリーンピースのトマト煮。

今回使ったのは肉厚で旨味が強いコウイカだけれど、もちろん他のイカを使ってもOK。

フライパン一つで出来るとっても美味しいイタリアンです。

コウイカ(下処理したもの)

この料理、隠し味として少し加えるのがパプリカパウダー

無ければ省略しても構わないけれど、生のパプリカやパプリカパウダーを加えることで風味がぐんと増すのでぜひ試して下さい。このように魚介のトマト煮込みにパプリカを加えるのは南イタリア、とくにアブルッツォ州でよく見られる方法で魚介料理以外でもいろんなトマト料理に隠し味的に使われるんです。

そしてこの料理に合わせるのは魚介料理なので白ワイン、と思われがちだけれどこういった魚介のトマト煮には果実味あふれる赤ワインを合わせても美味しいですよ。

そうそう、お皿に残ったソースはぜひパンですくって食べてみてください。

さらにワインがすすんじゃうこと間違いなしです!

烏賊とポテトとグリーンピースのトマト煮の作り方

材料 (4人分)

  • イカ(正味) 700g
  • ジャガイモ 3個
  • グリーンピース 250g
  • 完熟トマト 5個(もしくはトマトピューレ250㎖)
  • 玉ねぎ ½個
  • スイートパプリカパウダー(あれば) 小さじ1~2杯ほど
  • 白ワイン 70㎖
  • 唐辛子 少々
  • ニンニク 1片
  • オレガノ 大さじ1
  • EVオリーブオイル

作り方

1)イカは水で洗い適当な大きさに切る。ジャガイモはひと口大、ニンニクと玉ねぎはみじん切りにする。たっぷりとオリーブオイルを引いたフライパンでニンニク、玉ねぎ、唐辛子を弱火で炒める。
2)ジャガイモとイカを加えて軽く炒める。
3)トマト、グリーンピース、白ワイン、パプリカパウダー、オレガノ、塩を加えて蓋をして30-40分ほど弱火で煮る。イカ、ジャガイモが柔らかくなったら出来上がり。
Instagram も現地イタリアより配信中!
インスタグラムではこのブログには書けなかったイタリア食材についての詳細情報やイタリア食文化にまつわる裏話、小話、こぼれ話をレシピとともに配信中。

現地在住、日伊ダブルカルチャーだからこそ書ける情報も盛りだくさん!イタリアやヨーロッパ各地の旅の様子も載せているのでどうぞ旅するように楽しんで下さいね。

フォローお気軽にどうぞ!

error: Content is protected !!