新じゃがの煮っころがし

新じゃがの煮っころがし

新じゃがが出回るこの季節の我が家の大定番、煮っころがし

新じゃがでも特にサイズの小さい小芋を皮付きのまま素揚げして甘辛く炊いたこの一皿は子供のころからの私の大好物。

 

味付けはシンプルに酒、みりん、砂糖、醤油のみ。

最初に素揚げすることで皮も美味しく食べられる。

シンプルな味付けだけど、新じゃがの美味しさは季節限定のお楽しみ。

 

ミニサイズの新じゃがを見つけたら、こんな素朴な煮っころがしにしてみてはいかがでしょうか?

 




ingredients (2-3人分)

  • 新じゃがの小芋 500g
  • 酒 70㎖
  • みりん 50㎖
  • 醤油 50㎖
  • 砂糖 30g
  • 揚げ油 適量

 

how to cook

1) 新じゃがは皮つきのまま水でよく洗って土を落とし、キッチンペーパーで水気をしっかりとふき取る。少量の油で5分ほどじっくりと炒め揚げする。
2) 鍋に揚げた小芋と調味料を全て入れてアルミホイルで落とし蓋をし、弱火~中火で芋に火が通るまで煮る。
3)  最後に水分が少し多いようなら火加減を強め、ソースに照りを出すように仕上げて出来上がり。※反対に水分が少なく焦げる用であれば途中で水か酒少々を足してください。

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください