パッパ・アル・ポモドーロ

パッパ・アル・ポモドーロ

パッパ・アル・ポモドーロとは?

パッパ・アル・ポモドーロ(pappa al pomodoro)とは固くなったパンをトマトソースで柔らかくして食べるトスカーナの家庭料理。

もともとは固くなったパンを美味しく再利用するためのクチーナ・ポーヴェラ(cucina povera/質素な料理)と呼ばれる料理だけれど、美味しいトマトがあれば固くなったパンもこんなに美味しく食べられるのかと気づかされる “イタリアのマンマの知恵” 的な一皿と言えるでしょう。

究極にシンプルなこの料理の美味しさの秘密は何といってもトマトソース。

これが美味しければパッパ・アル・ポモドーロはそれだけでもう完成したようなもの。夏場ならぜひ完熟トマトで作ってみてほしいし、それ以外の季節なら美味しいトマトピューレを使うのが大事。酸味の強いトマトを使う場合は砂糖を少しだけ加え、甘味を少しプラスするのもあり。

 

パッパ・アル・ポモドーロ pappa al pomodoro
固くなったパン pane raffermo

 

そしてこの料理の主役でもある “固くなったパン”  はイタリア語で pane raffermo (パーネ・ラッフェルモ)と呼ばれ、イタリアのレシピには“材料”としてよく登場する。

というのもイタリアのパンはバターなどを使わないで小麦粉、水で作るシンプルなパンが多い。そして乾燥した気候のためパンにカビなどが生えることなくカチカチに乾燥するというのはよくあること。

イタリアでは固くなったパンは捨てるものではなく、“固くなったら料理に使うもの” と捉えられている。

 

ちなみにこのパッパ・アル・ポモドーロに使われるのはトスカーナ特有の塩が入っていないパン。

このトスカーナのパンが絶対に必要とするイタリア人も多いけれど、この料理の本質は “余りものを、手軽に、美味しくする” ことにあるので使うパンにはあまり拘らなくてもいいのかもしれない。

 

日本でもお米が大事な作物であるようにイタリアでも昔の人は貴重なパンを捨てることなくいろいろな料理に利用してきた。どうしても捨てなければいけない時はバーチョ(キス)をパンにして謝罪や感謝の気持ちをこめてから捨てていたそう。

 

こんな飽食の時代にあっても固くなったパンで作るこんな質素な料理が大好きなイタリア。

 

なんかちょっといいですね。

 




ingredients (2-3人分)

  • 固くなったパン 250-300g
  • トマトピューレ 800ml (量はトマトピューレの濃さによって調整してください。トマト缶を使う場合は2缶ほどをブレンダーでピューレ状にしてください)
  • 玉ねぎ ¹⁄3個
  • ニンニク 1辺
  • バジルの葉 少々
  • EVオリーブオイル 50ml
  • 塩 少々
  • ※野菜のブイヨン 200mlほどで固くなったパンを戻してもいいです。

 

how to cook

パッパ・アル・ポモドーロ pappa al pomodoro
1)みじん切りにした玉ねぎ、にんにく、バジルの葉をオリーブオイルで弱火でしんなりとするまで炒める。
パッパ・アル・ポモドーロ pappa al pomodoro
2)トマトピューレと塩少々を加えて蓋をし、弱火で15分ほど煮る。濃厚なトマトピューレを使う場合は水少々を加えて下さい。後で加えるパンに水分を吸わせるのでサラサラとしたスープ状のトマトソースになるようにして下さい。※好みで野菜のブイヨンを加えてもいいです。野菜のブイヨンを使う場合は玉ねぎを抜いてもいいかと思います。
パッパ・アル・ポモドーロ pappa al pomodoro
3)一口大程度にカットしたパンを加えてひと混ぜして蓋をし、15-30分ほどおいて馴染ませる。
パッパ・アル・ポモドーロ pappa al pomodoro
4)木べら等でパンを崩すように混ぜ合わせる。仕上げにオリーブオイルをたらしたら出来上がり!